So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

バッハゆかりのオルガンめぐりⅡ    [旅の空は]

6月16日(土)
再びオプショナルツアーに参加しました。
バッハゆかりのオルガンめぐり、そのⅡ

まずはハレ。
ここはヘンデルが生まれた町として有名です。
同じ年に生まれたヘンデルとバッハ。
こんなに近くにいながら一度も会うことはなかったのですね。


ヘンデル、かっちょええ!(何故か後ろ向きw

16日ハレ.JPG



ハレの市場教会でパイプオルガンの演奏です。
ヘンデルの組曲ニ短調HWV449などを聴きました。

16日ハレ2.JPG



オルガンの下にある祭壇画がすばらしかった!

16日ハレ3.JPG


↓↓ PCの場合、先に文字の部分をクリックしてから動画をご覧ください。






ヘンデルハウスへも行きました。

オペラの要約をCGでやっていたり。

こんなのも!w







でも、見たいのはこういうものかも。
ヘンデルが住んでいた頃のままになっているお部屋。


16日ハレ4.JPG



続いてケーテンへ。
カルバン派の聖ヤコビ教会。

16日ケーテン聖ヤコビ教会2 (1).JPG


この頃、バッハは宮廷に勤めていたので、教会音楽をあまりかいていないそうです。

16日ケーテン聖ヤコビ教会2 (2).JPG

J.S.バッハのトッカータ(ドーリア調)、セザール・フランクのピエス・フロイクを聴きました。






ところで、こちらはケーテンのバッハ・ホール。

16日ケーテン バッハホール.JPG

K先生がここを指して
「フランチェスコ・トリスターノって・・」
と いきなり仰ったので、思わず「はいっ」と返事してしまいました(しかも挙手して)w
「彼がここでゴルトベルクの演奏会をやってましたよ」
えええ!ここでっ
「彼、才能ありますよね~」
「うわあっ!!ありがとうございます!」って何で私がお礼をwww

実はこの旅行中、フランチェスコは日本でコンサトしてるんです(涙
この旅行への参加を決めた時、唯一それだけが心残りだったのです。。
なんせ、フランチェスコの来日公演は欠かしたことがなかったから。

ああ、でもK先生が誉めて下さったのなら百人力です(何が?

でもって、帰国してから捜しあてたのがこれです ↓↓

Francesco Tristano spielt Johann Sebastian Bach BWV 988 – „Goldberg-City-Variations“

K先生はこれを聴かれたのですね。
このプログラムは日本でやっていないので、フルサイズを観られて本当に嬉しい!!
(ゴルトベルク全曲の演奏会はありましたが、映像ナシでした)

7カ国語を操るフランチェスコですが
やっぱりバッハはドイツ語のアーティキュレーションで弾いているんでしょうねえ。。








さて、話は思いっきり横道にそれましたが
旅のつづきです。



バッハはルター派だったので、礼拝はこちらの聖アグヌス教会へ通っていました。

16日聖アグヌス教会 (1).JPG

質素ですが、趣のある礼拝堂です。

16日聖アグヌス教会 (2).JPG


見学していたら、突然 ドイツ人女性が入って来て
「オルガン、弾きましょか?」
えええ!?
と、驚く私達。





マックスレーガーの賛美歌を弾いて下さいました。
なんと嬉しいサプライズ!

K先生が後で
「アグヌス教会で運を使い果たした」
と事あるごとに仰ってましたww



そうして、こんな風景を眺めながらライプツィヒへ戻ったのでした。






















nice!(2)  コメント(0) 

Jean Rondeau (Bach Fest8) [コンサートの記憶]

MENDELSSOHNS KLASSIK-LOUNGE
      ~SCHAUBÜHNE LINDENFELS~6月15日 22時

ジャン・ロンドー(チェンバロ)
Ensemble Resonanz(弦楽アンサンブル)
Raphaël Marionneau( DJ)


Programm




このツアーへの参加を決めた頃、
Bach Fest のホームページからプログラムをダウンロードして公演をチェックした。

そしたら、ツアーがライプツィヒを離れている3日間に
私の好きなアーティスト達が演奏する予定になっていて、ショック!
チェンバロ奏者のジャン・ロンドーくんのゴルトベルクもあった・悲
彼は去年 来日したのだが、その演奏会に行けなかったので、またかー!
しかしっ
もう1公演あるではないか!
夜10時開演と かなり遅いけど、行くしかな~い!
迷わずチケットをゲット。

ととと、ところが
会場がホテルからけっこう遠いことがわかり
これって ちょっとヤバイのでは??
しかもライブハウスらしい。

一体ひとりで無事に行って来られるのか?!
いろんな人にアドバイスを貰い
結局タクシーで行くことに。

ドイツでタクシーに乗ったことがないぞ(まずはそこからw

タクシー乗り場にいたら、ベンツが来たー♫(ここじゃ国産車)
行く先の情報を見せたらスグに走り出した。
10分くらいでスイーっと店の前に着いたけど、
トラムは乗り換えなくてはならなかったので、タクシーで正解だった(ホッ


しかーし、お店の前に けっこうな数の人がお酒飲みながらたむろしてるのね。
ホントにここでいいの??
あ、チラシが貼ってあった!ここだー。
でも、開演まで1時間あるな。
お店の人にチケット見せたら、やはり ここで合ってるみたい。
どこで待っていればいいのか?
ドキドキしながら待っていたら、外からジャン・ロンドーくんが入って来た!
何人かのグループで店の奥へ消えていった。
これからリハーサルかしらね?

さてさて、漸く開場。

中は暗くて、ネオンライトのような映像が音楽の断片とともにフワフワとゆれている。
椅子席とテーブルのある席があったが
チェンバロがよく見えるのはテーブル席だったので、そこに座る。
人が増えてきて、カウンターで飲み物を買っているなー。


アナウンスも何もないので、いつ始まるのか解らん。
まー、あっても解らないでしょうw

ようやく、コントラバスが現代音楽?を弾きはじめる。

よくわからないけど、終わったから拍手。
ライブハウスは紙のプログラムというものを配らないので
曲名はもちろん、何が起こるかわかりません。
まさにライブなのです。


それから男性がマイクを持って話し始めるが
全くわかりません!www

しばらくして、ようやく ジャン・ロンドーくん登場!

チェンバロ・ソロだ!
始めに弾いたのは即興のようだ。
続けてJ.S.バッハ「音楽の捧げ物」BWV1079から「リチェルカーレ」
ひゃあ、音が綺麗!
フーガのどの声部もカッキリ聴こえてきて すばらしい!

つづいて弦楽奏者2人で、同じ「大王の主題による」二声のカノン。
柔らかく、たゆたうよう。。

それに続けて ピアノの即興演奏が静かにはじまる。
少ない音が空間を行き来する。
漆黒の夜空に光る星のように。。

ピアノがどこに置かれているのか、わからなかったけれど
ロンドーくんのインプロヴィゼーションだったのかもしれない。


次はジャン・ロンドーくんのチェンバロ・ソロ。
やや長い即興の後
F.クープラン「神秘の防壁」を。
ああ、フランス人が弾くとフランス語で語っている!
本当にステキ!



それから しばらくの間、演奏がなかったので歓談タイムなのでしょう。
(ほんっとに解りにくいw)

その後、マイクを持って解説?があり
ようやくそれが終わったら、アンサンブルのメンバー(2ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・
コントラバス、そしてチェンバロ)が集まってきた。
今、しゃべっていた人が1stヴァイオリンだ。


15日ジャン・ロンドー小.jpg




このアンサンブルが
超絶楽しかった!!!

ポップなクラシカル・ミュージック。
お洒落でノリが良くて、もう最高~♫

ぎゅぎゅんと火花が散りそうなチャッコーナ。
かと思えば
懐かしさで胸がいっぱいになってしまうような
美しいハーモニー。

ああ、本当に来られて良かったなあ(感涙~



15日ジャン・ロンドー2 - コピー.jpg

              (この写真はweb上からお借りしました)



後で調べてみたら、Ensemble Resonanzというドイツのオーケストラがあって
彼らはそこのメンバーで、小編成のアンサンブルでの活動もしているようだ。

クラシックの公演をしているけれど、この日のようなアレンジものや即興も得意なのだな。





さあて、終わったようなので帰ろうか。

と、外に出てみたけれどタクシーが来る気配がない!深夜だもんね。

やばー

お店に戻ってタクシーを呼んでもらうことに。

あ、ジャン・ロンドーくんが打ち上げている!
これが東京だったら「サインください」って行くところだけど
なんせ ちゃんと帰れるかどうかで不安でいっぱいなので
そんな余裕はアリマセン!

お店のおねえさんが快く電話してくれて、タクシーはスグに来た。

宿泊先のホテルの名刺を見せたら「OK!」(よかったー!

というわけで、無事に帰り着けた!
午前1時!

やりとげたー(笑)





































nice!(5)  コメント(0) 

バッハゆかりのオルガンめぐりⅠ    [旅の空は]

 6月15日(金)オプショナルツアーに参加しました。
バッハゆかりのオルガンめぐり第1弾!



はじめに訪れたのはナウムブルク。

まずはHotel Stadt Aachenのレストランでお昼です。
ウェイターさん達の対応が、奥ゆかしくてステキでした。(ホテル、泊まってみたいなあ。)

ナウムブルク (3).JPG




デザートのアイスクリームに添えられたあたたかいラズベリーシロップ!
ラズベリーを温めちゃうの?!とビックリしましたが美味しかったのです。
実は好き嫌いのない私なのですが、ラズベリーだけは苦手。
でも、アツアツのラズベリーはグッドでした!

ナウムブルク (4).JPG







ナウムブルク、とても可愛らしい街でした。

ナウムブルク (6).JPG






ナウムブルク (5).JPG






もう少し時間があったら散策したかったのですが

ナウムブルク (7).JPG




なにせ、目的はパイプオルガンなので、教会へ急ぎます~。

ナウムブルク (8).JPG







聖ヴェンツエル教会のパイプオルガンを製作したのは
バッハと親交のあったツァハリス・ヒルデブラント。
この立派なオルガンが出来上がった時、バッハが鑑定に訪れたそうです。

ナウムブルク (1).JPG





礼拝堂の装飾も豪華です。

ナウムブルク (2).JPG




↓↓PCの場合、先に文字の部分をクリックしてから動画をご覧ください。












次に訪れたのは、シュテルムタールという小さな村にある十字架教会。
先程の、大オルガンを製作したヒルデブラントが若い頃に製作したものです。
バッハはオルガンが出来上がった時の式典に招かれてカンタータを演奏ました。




その時にバッハが座った椅子だそうです。

15日シュテムタール (2).JPG





礼拝堂の装飾がオルガンとともに統一されているのは珍しいようです。

15日シュテムタール (1).JPG






オルガンがミーントーンで調律されている、ということで「ドミソ」の和音を弾いてくれましたが
「ドミソ」に聞こえなかった私・汗

質問したら、ピッチがA=462Hz なのですって!
その時はピッチが高いせいかと思ったのですが、
ちょっと待って!
ミーントーンの「ドミソ」の「ミ」は平均律よりも低いのでした!
平均律に慣れている私の耳には「狂って」聞こえてしまったのです。
ん十年も平均律に慣れ親しんできて、それが美しいと刷り込まれていると
本来のピュアな響きが 脳内で「?!」になってしまったのですね。
コワイデスね~(これは笑い事じゃないかも!!)












ライプツィヒに戻って、昼寝。
今夜は大変なイベントがあるので、体力温存です~。

















nice!(4)  コメント(0) 

シャペル・レナーヌ(Bach Fest7)   [コンサートの記憶]

「マタイ受難曲」       
       ~聖トーマス教会~6月14日(木)20:00開演

ラ・シャペル・レナーヌ 
指揮:B.アレ




14日マタイ.JPG



この演奏会は、とても良い席で聴けました。以上。

えー!それだけ?!

そうなんです。
なんだか派手~なマタイで、心に迫ってくるものがなかったのです。
歌手はヴィヴラートかけてるし。大げさで。



こうやって、いろいろな演奏を聴くうちに
バッハの解釈は本当に多様なのだということが解ってきました。

解釈が違えば 表現のしかたも違う。

あとは聴く側の好みです。
どんな演奏を選ぶか。


私は ここへ来る前に作品について出来る限り調べて 聴いたことは前に書いたとおりですが
演奏を聴く時にお世話になったのは動画の配信です。
そこにも様々な演奏があり、それは当然のことだと思っていましたが
実際にナマの演奏を聴くと本当に納得できたのです。

そして、もっともっと驚くような演奏会が
この後に控えていました!



















nice!(5)  コメント(0) 

音楽ツアー        [旅の空は]

6月14日(木)
ゲヴァントハウス管弦楽団のコントラバス奏者・シュプレーさんが
「音楽ツアー」をして下さいました!

K先生のご尽力で、急遽決まったオプショナル・ツアーです♫
シュプレーさんは音楽学者でもあるのでお話が深くて、本当に素晴らしい時間になりました!

まずはゲヴァントハウスの歴史から。
J.S.バッハが始めたオーケストラが元になっていて、
シュプレーさんはその頃の演奏家から数えて8代目だそうです。


ホールを出て、信号を渡ります。


14日1信号赤 - コピー.JPG

かわいい信号!(旧ドイツの面影が)




14日2信号青 - コピー.JPG


さささ、速く渡って!
青の時間が短いのです~。








14日音楽ツアー1.JPG

グラッシー音楽博物館に来ました。




14日3シュプレーさn (1) - コピー.JPG



今回はバッハ関連で、バロック時代の楽器の部屋を案内して下さいました。

14日3シュプレーさn (2) - コピー.JPG

鍵盤楽器は他にもいろいろありました。

14日音楽ツアーa (1).JPG




これは去年の「ポッペアの戴冠」の時に優人さんが弾いてましたね。

14日音楽ツアーa (2).JPG



今夜、オーケストラの本番があるシュプレーさんの案内は ここまでです。



14日音楽ツアー2.JPG


1台だけ演奏しても良い楽器がありました。
クラヴィコードは音がとても小さいので許可されているようです。

皆で少しずつ弾いてみましたが、解散になり私ひとりになったので
J.S.バッハのパルティータ1番のプレリュードを弾いてみました。
弾き終わったら、なんと拍手がっ!
ドイツ人(?)の方が聴いていて下さったのでした(きゃー!嬉しい)



さて、博物館の人が道を親切に教えてくれたので「シューマン・ハウス」に行けました。










メンデルスゾーン・ハウスは3階建てで立派でした。
裕福な家庭でしたものね。

先端技術を使った展示には驚きました。!


↓↓ PCの場合、先に文字の部分をクリックしてから動画をご覧ください。








夕方はホテルでK先生による「三大宗教曲レクチャー」でした。
ほんとうに、至れり尽くせりのツアーです~(感動している)。















nice!(4)  コメント(0) 

András Schiff(Bach Fest 6)      [コンサートの記憶]

アンドラーシュ・シフ ピアノリサイタル
       ~ ゲヴァントハウス(大ホール)~6月13日(水)20:00開演

(プログラム)
    J.S.バッハ:イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV971
          フランス風序曲 ロ短調 BWV831
          ゴルトベルク変奏曲 BWV988


                    
13日ゲヴァントハウス1 - コピー.JPG


夜の7時すぎなのに、昼間のような明るさ。
数日前に滞在していた時はとても暑かったのですが、この日は涼しくなりました。

ゲヴァントハウス コンサートホールです。

13日ゲヴァントハウス2 - コピー.JPG




シフは、最初のプログラムの「イタリアン・コンチェルト」を最後まで弾きおわった後、

なんとっ!!


もう一度 最初から 弾き直したのですっっ!!

それも、全曲~~!


ひゃあ、ビックリです。
リサイタルでこんな事があるなんて!


実は、1回目の演奏の時に なんかヘン!
と思ったのです。

妙にアクセントをつけて弾くんだなー、この人 こんな演奏する人だったの?

あれ?
スケールが弾けてないじゃない。

あああ、アルペジオ やばくない?

これ、まずいんじゃないの?

という1楽章が終わり、緩徐楽章に。
なんだか音がのっぺらぼうで、とりあえず弾いてるって感じ!

でもって、超高速の3楽章も
キケン運転の連続で、ヒヤヒヤ。。

終わったら拍手が起こりました。
何故だっ、ブーイングしたのは私だけ?

そしたら、ですよ。
ぜんっぶ弾き直したのです!

弾き直した演奏は、一応フツーに事故無く通りましたが
いやあビックリこいた。

多分、初めの演奏は 本人が納得いかなかったのでしょうね。
だから弾き直した。
自分のメンツのため?お客さんに、こんなのも聴かせたら申し訳ないという気持ち?
本心はわかりませんが。
でもね、
「しまった」と思ったら、次の曲で取り戻してほしかったなあ。
何が起こるか解らないのが生演奏。
本番のチャンスは1回だけですよ。
「もう一度やらせて」は無いんです。



続きの曲は、何とか最後まで弾きましたが
平板な演奏だったなあ。
拍子感が、ピンと来なかったのです。
1小節ずつの音符がただ並んでいるだけで
最後の拍から小節線をまたぐエネルギーが感じられない。
推進力に乏しいのです。。

音楽の感じ方は人それぞれなので、こういう演奏が好きな方も沢山いらっしゃるのでしょう。
いろいろと考えられて、勉強になりました。

ちなみに私はイタリアン・コンチェルトが大好きで、沢山のナマ演奏を聴いています。
だから余計にアラが耳につくのでしょう。
それからね、弾き直した演奏の方がもっと悪かったら大変な事になるでしょう。
そのリスクをおかしても弾き直したかった演奏家の気持ちを考えたら、いたたまれません。


え?
なんでこの演奏会を聴いたかって?
ツアーに組み込まれていた、それだけです~w
よって、突っ込み不可で お願いいたしまする。




13日ゲヴァントハウス・シフ - コピー.JPG















nice!(4)  コメント(0) 

ヴァイマール散歩      [旅の空は]

パイプオルガンを弾くという一大イヴェントwが終わり、ヴァイマールに戻りました。
ここの老舗レストラン「レズイデンツ・カフェ」で打ち上げ~♫

13日ヴァイマール6 - コピー.JPG




やっぱりドイツはソーセージが美味しい!!

12日夕2.JPG




白ビールで乾杯!!

12日夕1.JPG





翌13日は午前中フリータイムなので、ひとりでお散歩。

イルム公園の側にある、リストの家。

13日ヴァイマール1 - コピー.JPG


その向かいにあった可愛らしいお家。

13日ヴァイマール2 - コピー.JPG


イルム公園はとても広く、緑豊か。
多くの人が散歩やランニングをしていました。

13日ヴァイマール3公園 - コピー.JPG


鳥たちが、それは美しい声で鳴いていましたよ。

こちらはシェイクスピア。

13日ヴァイマール4 - コピー.JPG



公園を抜けて、市宮殿へ。

13日ヴァイマール5 - コピー.JPG

この建物の奥に美術館があります。
クラナッハが展示されているというので行ってみましたが
間もなく改修工事が始まるので全て片付けてしまった、とのこと(がーん)
工事は2024年に終わる予定だけれど、延びるでしょう。ですって!

何故そんなに詳しくわかったかというと、受付係に日本人女性がいたのです。
親切に教えて下さってありがたい~、でも残念でした!


13日ヴァイマール8 - コピー.JPG

初期キリスト教美術は充実していたので、良しとしましょう。

13日ヴァイマール7 - コピー.JPG




こちらはシラー通りにあるチョコレート屋さん。

13日ヴァイマール9 - コピー.JPG

勧められて買ってみましたが、とっても美味しい!
種類も豊富で、パッケージが可愛いです。




旧市庁舎の時計台の鐘はマイセン陶器で出来ているそうです!

13日ヴァイマール10 - コピー.JPG

毎定時に鳴るということでしたが、短くてすぐ終わってしまい
なかなか長い演奏に巡り会えませんでした。

でも、最後に ペッツォールトのメヌエットを1曲まるごと演奏してくれましたよ!

↓↓ PCの場合、文字の部分をクリックしてから動画をご覧下さい。






昼過ぎ、バスでライプツィヒへ。
今夜から Bach Fest の続きです!!




















nice!(6)  コメント(0) 

バッハとその一族     [旅の空は]

6月12日(火)
宿泊しているヴァイマールから
まず、バッハが少年期を過ごした村・オールドルフへ。

12日オールドルフ1 - コピー.JPG




この旅では、およそどこを訪れても
「建物は空襲で破壊されたものを復元した」
という説明を受けましたが、この教会も同じです。
そして、復元されたのは塔の部分だけ。
少年バッハが聖歌隊で歌っていた礼拝堂は失われたままです。







ミヒャエル教会の元牧師であるケーラー氏が、とても熱い語りで案内してくれました。

12日オールドルフ2 - コピー.JPG


塔の上層部にある書庫です。
普段は保存のために真っ暗にしてあり、古い書物の臭いと埃で充満しています。

賛美歌は計量記譜法でかかれ、聖歌隊は大きな楽譜を囲んで歌っていたのです。
ケーラー元牧師は、それ以外にも様々な発見をしてきたバッハの語り部です。

12日オールドルフ3 - コピー.JPG






さて、バッハの一族は音楽家が多いのですが、元をたどると粉屋さんだったようです。
J.S.バッハの ひいおじいさんの父はファイト・バッハという1577年に亡くなった人。
ルター派だったため、ハンガリーで迫害にあいチューリンゲン地方に住みついたようです。
水車小屋で小麦を粉にし、パン屋と宿屋を営んでいたということで
Bach(バッハ)はBackerei(ベッカラーイ)=パン屋 
からきている、という説が最近では有力です(以前は「小川」説でした)。


というわけで、
バッハ一族のトップバッターwのファイト・バッハが住んでいたヴェヒマルを訪れました。

お家は博物館になっていて、当時の生活の様子が再現されていました。
こちらは台所。

12日ヴェヒマル1.JPG


当時の音楽家は自分で楽器を作って演奏していたので、楽器製作の工房もありました。
こちらは、その時代のツィター。

12日ヴェヒマル2.JPG




ドイツ人は自分の先祖をたどり、家系図を作るのが好きだと聞きましたが
こちらにも家系図が。

12日う゛ぇひまる4 - コピー.JPG




近くに当時のものとされる水車がありました(現在は動いていません)。

12日ヴェヒマル3.JPG





    
アルンシュタットでお昼。
バッハ一族が集っていたという「黄金の太陽」というレストランです。

12日アルンシュタット1 - コピー.JPG


ところで「ゴルトベルク変奏曲」の第30変奏は「クオドリベット」と書かれていますが
その事について、自分のブログから転載しました。

・・各地に散らばって住んでいたバッハの一族は
  年に一度の集まりの時に皆で歌を歌いました。
  一族はカントオルやオルガニスト、そして町楽士たちだったけれど
  教会に関わっていたので、初めはコラールの唱和。
  でも宴席が盛り上がると民謡や戯れ歌も即興的に歌われていく。
  それをクオドリベットと呼んだようなのです。
  (フォルケル『バッハ評伝』より抜き書き)・・


このレストランも、こんなふうにバッハ一族が集った場所のひとつだったのですね。


で、ランチは、お肉の付け合わせが揚げ物とポテトという
重たーいお料理でした(写真をのせないところw)





12日アルンシュタット2 - コピー.JPG

この街の「バッハ教会」にて、パイプオルガン演奏会。
外観は質素な石造りですが、中は清楚な美しいオルガンがありました。


12日3アルンシュタット - コピー.JPG


モダン・オルガンだということで、
バッハの作品の他に
シューマンの「子どもの情景」からトロイメライ他、数曲を演奏して下さいました。


この教会のカントールです。

12日アルンシュタット3 - コピー.JPG



    ↓↓PCで見る場合、先に文字の部分をクリックしてから動画を再生して下さい。











さあ、いよいよ ドルンハイム!!

と、チカラが入ったのは
なんと この教会でパイプオルガンを弾かせて貰えるのです!

しかーし、私以外は全員オルガニストさんなのです!
きゃ~!私、1番に弾きたいっ(プロの方々の後に弾くなんて恐れ多くて・汗
と願ったら本当に最初に名前を呼ばれました(ラッキーv

さあ、制限時間は5分だ!
このために友達にオルガンの手ほどきを受け、練習してきたのだ。

楽譜を数曲持って来ましたが、とにかく脚鍵盤はムリなので却下し
手鍵盤で弾ける曲を次々に弾きました。
(なんと、賛美歌は弾き歌いしましたw








いえ~い!
本番終了!!


ヴァイマールに戻りましょう~。


























nice!(4)  コメント(0)