So-net無料ブログ作成
検索選択
響きのゆくえ ブログトップ
前の10件 | -

生きる喜び         [響きのゆくえ]

『ジョワ・ド・ヴィーヴル』のつくりかた

   話し手:鈴木優人(『ジョワ・ド・ヴィーヴル』アーティスティック・ディレクター)
   聞き手:田中泰 (クラシックソムリエ)


・・ピアノは平均律で調律されているので、長3度の幅が広いのです。
これは、倍音を聴くと良くわかります。

真ん中のミの鍵盤を、音を出さないようにそっと押さえ
2オクターブ下のドを弾くと、倍音のミがかすかに鳴ります。
これは、実際にミの鍵盤を弾いた時の音よりも ほんのわずか 低いのです。。





鈴木優人さんがアーティスティック・ディレクターをつとめる、
東京芸術劇場 開館25周年記念コンサート「ジョワ・ド・ヴィーヴル」のレクチャーでした。

プログラムの内容を語ってくれたのですが、
案内役の田中泰さんが振ってくれたおかげで優人さんの幼少の頃のお話から始まって学生時代の事、
そして勿論
曲のこと、出演者のこと、本当に沢山のお話が聞けました。
(ちなみに、田中泰さんは とってもダンディーな方です♪いつもラジオで聞く声もステキなのですが、
声と姿は比例するのでしょうか!)

優人さんが携帯の着信音に使っていた(昔の携帯は自分で音楽が打ち込めた)という
オリヴィエ・メシアン「トゥーランガ リーラ交響曲」。
プロジェクターに映し出された楽譜を見ると、長大で大変に難解な音楽のようですが
優人さんが聴きどころを楽しそうに話してくれると、
とてもワクワクしてしまいます。



実は、優人さんはこの日にオランダから来日したばかり。
(オランダに住んでいるので「帰国」ではない)
飛行機の中で楽譜を読んでいた、というより本当に指揮をしていたらしいw
これこそホントのエア指揮!
「空気を飛ばしていました」と言ってましたが(シュ!シュシュ!)
飛行機の中は集中できる空間なのだそうです。

この曲が2部の最後になり、曲名の通り「愛」を表します。
その前に吹奏楽で2曲。
これを演奏するのが若い音楽家たちなので、未来への「希望」。
さかのぼって1部はパイプオルガンと合唱の演奏会で「祈り」。

つまり「祈り」「希望」「愛」の3章からできているのです。


タイトルの「ジョワ・ド・ビーブル」(生きる喜び)は
「音楽を通して『生きる喜び』を伝えたい」という思いから名付けたのだそうです。
ルネサンスから現代音楽までを網羅したプログラムの全てを聴くと
音楽の移り変わりを体感することができます。


この劇場は3種類(ルネサンス、バロック、モダン)のパイプオルガンがあり
それぞれが違ったピッチで調整されているため、様々な時代の曲が演奏できます。
そこで、冒頭の音律から倍音の話になったのです。
そうそう、どんでん返しのように回転して
別のパイプオルガンが現れる様子は圧巻です!


合唱は24人の歌い手がさまざまなフォーメーションで歌い、
1人のコンテンポラリー・ダンサーが加わります。
合唱曲にはさまれて、優人さんのパイプオルガン即興演奏もあるとのこと。
耳も目も、五感の全てを駆使して祈りのステージを感じたいですね。

ところで、プログラムが決まった後に優人さんはスゴイ事に気付きました。

第1部の最後の曲 J.S.バッハ「我ら苦難の極みにあるときも」BWV641 は
「ソ(G)」で終わりますが、オルガンのピッチが半音低いので
実際には「ファ#(Fis)」が聞こえます。
第2部のストラヴィンスキー「火の鳥」はロ長調=主音が「シ(H)」
そして最後のトゥーランガリーラは嬰ヘ調「ファ#(Fis)」

Fis(Ⅰ)・H(Ⅳ)・Fis(Ⅰ)なので「アーメン終止」になるのです。
(賛美歌の最後に ♪アーメン と歌う、あのハーモニーです)
これこそ まさに、祈り。
希望と愛へと導く、大きな宇宙!



このコンサートの構想は1年前くらいから考えたそうですが
優人さんの思いが まるで運命の糸をたぐりよせるように
音楽と人々と、その愛を集め
「生きる喜び」の表現をする日に向けて
大きくふくらんでいくのです。。


この日は会場にグランドピアノが用意されていました。
優人さんは、それを弾いて曲の説明などをしてくれましたが
演奏も2曲ありました♬
どちらもオルガンで演奏する曲ですが、即興でピアノにアレンジしての演奏です。

お話の間に
スウェーリンク「涙のパヴァーヌ」

そして最後に、前述の
バッハ「我ら苦難の極みにある時も」
この曲を優人さんは3.11の年にずっと弾いていたそうです。。




さて、おしまいに質疑応答の時間がありましたが、
誰も手を挙げる人はいません。
それはもう、これだけ濃い内容を聞いてしまったら大満足ですもの。
なんだかパンドラの箱を開けちゃったみたいw
ほんと、11/1が楽しみ!!




'15芸劇ちらし.jpg














































クリスマス・オラトリオ          [響きのゆくえ]

「合唱団エルヴィオ・ソーヌス」第5回演奏会のおしらせ

クリスマス・オラトリオ.jpg





J.S.バッハ「クリスマス・オラトリオ」全曲(字幕付き)

2015年2月1日(日)13:30開演

東京文化会館大ホール



指揮・アルト:青木洋也
ソプラノ:澤江衣里
テノール:中嶋克彦
バリトン:加耒徹

管弦楽・合唱:エルヴィオ・ソーヌス




すばらしいソリストの皆さん、
そしてオリジナル楽器による管弦楽は
フルート:前田りり子、オーボエ:三宮正満、
コントラバス:西澤誠治をはじめ、実力者ぞろいです。
バッハの時代のサウンドを、どうぞご堪能下さい!

ちなみに「クリスマス・オラトリオ」の全曲演奏(しかも字幕付き!)は大変希少です。

合唱は総勢109名。
私はアルトを歌います♪
楽しんでいただけるよう、がんばります。
是非、聴きにいらしてください。



チケットは合唱団のサイト、またはチケットぴあで発売中です。

エルヴィオ・ソーヌス→ 
チケットぴあ→ 
















聖母マリアの夕べの祈り           [響きのゆくえ]



もう何年も前から おぼろげに感じていた

夢のかけらが 少しずつ鮮明になっていくと

そこは 教会のようなホール

大きなパイプオルガンの前で

オーケストラとともに歌っている私がいる

そうして

とうとう夢がほんとうになる時が くる。。





ペルゴレージ「聖母マリアの夕べの祈り」(日本初演)
2014年2月8日(土)14:00開演
東京オペラシティ・タケミツメモリアル


ペルゴレージ 聖母マリアの夕べの祈り.jpg



指揮・独唱:青木洋也
管弦楽 :オーケストラ・シンポシオン 
合唱  :エルヴィオ・ソーヌス
      (混声の合唱団です。私はアルトを歌っています。)



日本初演となるペルゴレージ作曲「聖母マリアの夕べの祈り」は、
どの曲も魅力的で高揚感にあふれています。

合唱は、基本S1・S2・A・T・Bの5声部ですが、
5曲ほど更に二重合唱の10声部に分かれるフーガがあり、大変巧妙に作曲されています。
そしてゴスペルコーラスのような曲たちはとても爽快で、
愛と喜びを存分に堪能できます。


演奏会が開かれるオペラシティ・コンサートホールは
正面に大きなパイプオルガンがあり
教会のような美しいホールです。

そこで素晴らしいオーケストラとともに歌えるのを心から楽しみにしています。
お誘い合わせてのご来場をお待ちしています!



オペラシティの公演案内 
http://www.operacity.jp/concert/calendar/#/list/all/2014/02/e/5991

チケットぴあ でも購入できます。(「エルヴィオ・ソーヌス」で検索して下さい)
http://t.pia.jp/


































nice!(16)  トラックバック(0) 

挑戦者たち                        [響きのゆくえ]



世界各地で音楽コンクールが開催されていますが、
最近はライブストリーミングで視聴することが出来るようになり
本当にありがたいです^^

現在進行中で、私が1番良く観ているのは
ベルギーのエリザベート王妃国際コンクールのピアノ部門。
時々王妃さまもご臨席になられます^^
そして、審査員の中にフランク・ブラレイさまがいらして
たま~にカメラが捉える時がございます♪
蛇足ながら、ブラレイさまはこのコンクルの覇者です。

エリコンは恐らく世界のコンクルの中でも最高に過酷だと思います。
課題曲の多さがハンパ無いこともありますが、
ファイナリストに選ばれると、お城に幽閉され(いや、ホンマに下界と遮断されるそうです)
新曲を渡されるのです。
数日後のファイナルステージでは、そのオケ付きの新曲を演奏するわけですが、
初めにピアノソナタ、そして新曲、その後ピアノコンチェルト!(なんてこった)

その新曲というのは、同じコンクルの作曲部門で1位になったものですが
それは審査員以外、だーれも見たことも聞いたこともないもので
要するにはこのコンクルで初演されるという事になります。

しっかし、コンテスタンツは見事にそれをやってのけております。
人間ワザとは思えません!

毎日2名ずつのファイナリストが演奏しており、
こちらで中継が見られます→QUEEN ELISABETH COMPETITION

日本からは時差があって厳しいのですが、
翌日になるとアーカイブがあがってきます。

セミファイナルで△だった人がファイナルで「おお~!」というような演奏をしたり
あるいはその逆だったりと、なかなか面白い展開になっています。

緊張した演奏はミスが耳につきやすいですが
音楽を大きくとらえていると、ミスが気にならないなあ などと暢気に見ていられるのは
ライブストリーミングのお陰ですね^^







日本では仙台国際音楽コンクールのヴァイオリン部門が進行中です。
こちらは、演奏した翌日にYTにあがったものをサイトで視聴出来る仕組みになっています。

Sendai International Music Competition

去年エリコンのヴァイオリン部門で2位になった成田達輝くんが出場しています♪
予選は他の追随を許さないような演奏ぶりで、とてもかっこよかったです~
バッハで一瞬弓が滑った時はドキッとしましたが、何事もなかったように演奏を続けていました(凄)!
そしてモーツァルトのコンチェルトでは各楽章の冒頭を指揮してましたよ~@@

仙台はヴァイオリンの後、ピアノ部門もございます^^




それから、USAではヴァン・クライバーン コンクールが進行中で
こちらもライブ中継しているのですが、何故か繋がりにくい上 
サイトが解りにくい(と思っているのは私だけ?)ので 殆どみていません。

このコンクルは辻井くんが優勝したのでご存知の方も多いと思いますが
天下のN村ピロ子センセイが「田舎のコンクール」とおっさっている記事を読んだ事があり
微妙に偏見を持ってしまいました(汗)
ピロ子センセイは「ストーリー」がお嫌いなんです。
演奏の中身で勝負するべき、と。
中身のある人は大勢いるのに「ストーリー」がある人の方が売れっ子になる世の中が許せないらしい。
「暗い晩」ごときで優勝してハクが付いたように見せるのはインボーに近いとな。
今、現地で取材している人のレポが次々に読めるのですが、
実際 客席もケータイは鳴る、ざわめく、フライングブラボーは連発する、という状況らしく
ピロ子センセイに「田舎」と言われても仕方ないのかー、と思ってますです。



いずれにしても、スポンサーが付けば中継の性能もバッチリです。
順位だって、ほれ地獄の沙汰もナントカ次第と言うでしょう。裏を知ると大変らしいです。
でもね、それはそれ。
やっぱりコンテスタンツの真剣さは本当に胸を打つものがあって
実力を発揮できるように、祈ってしまうのです^^

音楽に順位をつけるのはナニかと思いますけど、
若い人達の挑戦する姿はすばらしいですよね!




























やがてくる季節に               [響きのゆくえ]



やさしい色の空

光の輪に手がとどきそう。。。



約束の言葉を思い返しながら まどろんでいると


ふいに 傍らに天使が舞いおりた

「短い散歩をしてきたのさ」

天使は笑って  まだ雪が残る北国の話をしてくれる




天使はそこが彼の方の国だと知っているのだろうか。。








風が変わる・・・

そして   なにかが・・・  






























さて、優人さんがパイプオルガンのコンサトをします♪
(動画を、是非ご覧下さいね^^)

無限大∞パイプオルガンの宇宙


何故か、またコンテンポラリーダンスとのコラボレーションなんです(汗)
去年はチェンバロでコラボしてましたが。。

今回のダンサーは、なななんと!フランチェスコ・トリスターノとコラボした人なんですねー

ダンサーはフランチェスコを気に入ったのでしょーか。
優人さんと写っているポスターに、スカーフ巻いてるんですけど
それがフランチェスコのとソックリなんですっ!
















ところで、新しいローマ法王が決まりましたね。
日本ではフランシスコになってますが
イタリア読みはフランチェスコですよ^^♪

フランチェスコ一世

ね、
いいでしょ~。

























なんと!        [響きのゆくえ]

生中継~♪

今、フランスのナントでラ・フォルジュルネが開催されていますが

プログラムのいくつかがライブ配信されます^^

夕べ気付いてヤマカズくんをちらっとだけ観ました~♪


ここで配信→arte


ナントのラ・フォルジュルネのHP→NANTES
(ここからでも配信に行けます)う

日本から取材が入っています→公式レポート
(ヤマカズくんの記事もあります)



(追記) 配信のページは接続しにくいようなので、録画のページに変更しました。










遠い国から                            [響きのゆくえ]


メール・ボックスを開くのは
朝から何度目かしら


幾度か落胆した後
ほら
届いたでしょう!



必ず送ってくれるとわかっているけど
それでも 心配
だから
彼の方(あのかた)の名前を見ただけで ドキドキ



けれど
メッセージはすぐには開封しない
未読のまま
しばらく受信箱に置いておく

開く前の ドキドキを
すこおし長く引き延ばしておきたいから





そうして開けてみれば

こんなにカンタンなコトバでつづられて!




でも
いいの

遠い 海のむこうの国で
ほんの何秒かは
私のことを思い出してくれていたのだから




そうして
送信された時刻が
深い深い夜なことに気付いて

わたしは
地球がまあるいことに
想いを馳せる




わたしの心は

尾を引いて流れる星のように

彼の方のいる国に飛んでいく









J.S.バッハ : ゴルドベルク変奏曲より アリア 


































注) 本文と「演奏者」は関係ありません^^

フランチェスコ・トリスターノは間もなく来日するので、出演してもらいましたw
2月に来てくれるんですねえ。私の誕生日を祝いに(違

























なまちうけ~い!           [響きのゆくえ]



今年の第九は凄いです!

なんと、生中継♪

みなさま、是非 ご覧下さいね^^


USTREAM



















きこえますか~?                 [響きのゆくえ]



おしらせ、2つあります♪



ひとつめ。

作曲家の酒井健治さんが自作のピアノ曲を演奏する、TV放送♪

酒井健治さんは2012年5月エリザベート王妃国際コンクール作曲部門でグランプリを受賞、
文化庁長官表彰を受彰されました。(それ以前にも受賞歴がたくさん)

エリコンのヴァイオリン部門 酒井さんの作品を演奏する成田達輝くん。



これをライブ配信で聴いた時は、すっごい曲!と感動~。

その後、東京で酒井さんの新作のピアノ曲が初演されて、聞きに行きました。→ピアノ・ファンタジー

この、「緑の青/青の緑」を作曲家自身のピアノで聴けるのです^^

J-MELO「J-MELO in ヨーロッパ パート1」

NHK BSプレミアム 12月9日(日) 午前2:50~午前3:20

とても楽しみです~♪

夜に強くて起きていられる方は8日(土)にずーっと起きていると見られます。
って、そんな事だれでも知ってるだろうっ!(私だけです、深夜の日にちが解らなくなるのは。はい)




おしらせの ふたつめ。

今年も第九を歌います!

なんと、三回目!  なのでヨユウです。(でもないか)

夢の第九コンサート2012

良かったら、聴きにいらして下さい^^♪   ちなみに去年の記事→Brüder !




いじょ。













フェデリコ!                  [響きのゆくえ]







今年はスペインの作曲家フェデリコ・モンポウの没後25年です。

モンポウはピアノ曲を数多くかいたことで有名ですが、

あまり知られていないオーケストラの作品などを集めた演奏会があります。

演奏者もなかなかの顔ぶれで、とっても楽しみなのですが

中でも、この方の演奏が聴けるので。  





いつもながら、理知的なお話しぶりですね~♪

最後の方で何やらガヤガヤと声が入っていましたが、動ずることなくお話ししていらっさいます^^

あー、そこに楽譜があるなら ちょっとだけでも弾いてほしいーー!!

演奏会当日まで、オアズケですか。。

でもって、オルガンなんですね!

オルガンって聴き慣れていないせいか、ちょっとビミョーな楽器なんですけど。。

でも、この方が弾かれるなら、きっと大丈夫でしょう~(なにが?)


猛暑でコンサトも夏枯れデス。

秋のシーズンを楽しみにしましょう~♪


















前の10件 | - 響きのゆくえ ブログトップ