So-net無料ブログ作成

Piano Solo Live         [コンサートの記憶]

小曽根真 ピアノ・ソロ・ライブ
           ~狛江エコルマホール

(セットリスト)
Inprovisation:M.Ozone
The Beginning :M.Ozone
Someday My Prince Will Come:F.Churchill
Gitanerias:E.Lecuona
Cubano Chant:R.Bryant
Time Thread:M.Ozone

Mazurka #24:F.Chopin
Prelude #2:A.Scriabin
My Witch's Blue:M.Ozone
Cyrstal Silence:C.Corea

(アンコール)
Valses Venezolanos :A.Lauro
Autumn Leaves:J.Kosma



'16OctOZエコルマ.jpg




ゆっくりと 
ピアノの響きを確かめるように弾き始める
そして
コマ落としの映画のように
次々に現れては消える、さまざまな場面。。



整音の行き届いた楽器からインスパイアされたという即興演奏。
最初の音がショパンの舟歌の冒頭にそっくりだったので驚いたけれど
ショパンが豊かな倍音の響きを作品に込めたように
小曽根さんも同じ響きを聴いていたに違いない。


さて、以前にトリオで演奏されたタイトな曲の後
ほっとするような優しい音色で始められた「いつか王子さまが」。
軽やかなワルツは やがて豪華に!
通り一遍で終わらないのは、やはりピアノのせい?


キューバの作曲家E.Lecuonaがかいた"Gitanerias"は
先日のゴンサロ・ルバルカバとのデュエットの最終日に弾かれたもの。
ジプシー音楽のイメージというが
どことなくスパニッシュな香り。
小曽根さんが弾くラテン系のダンサブルな曲は最高!

キューバつながりて"Cubano Chant"。
ベースをガンガンきかせてノリノリ♬
これは小曽根さんがピアノを始めるきっかけになった曲。

そして"Time Thread”の穏やかなハーモニーが
この世のものとは思えないくらい
優しい音色でしっとりと奏でられる。。



ブレイクをはさんでクラシックを2曲。
というより、それらの曲をテーマにしたインプロヴィゼーション。

「ショパンは怒ってるでしょうか?」と
弾き終わった小曽根さんが言うくらいファンキーなマズルカ♬

次は20数年前にチック・コリアが「この曲いいよ!」と教えてくれたという
スクリャービンのプレリュード。

薄明かりの部屋
やわらかなビロードの上を
音の粒がころがる。。

これは
そう、ゴンサロ・ルバルカバとのデュエットで聴いた会話。
あの時
ふたりの言葉の重さは
重力に逆らって放物線を描き
宙に舞っていた。。

それが租借され 再び紡がれると
美しい陰影とともに 新しい命が宿される

それは
決して追憶や感傷ではなく。。


そんなふうに聴いていると
小曽根さんにとってゴンサロ・ルバルカバとの出会いが
どんなに素晴らしいものであったかがわかる。
内面をさらけ出して
まるでバトルのように繰り広げられたデュエットは
お互いを高めあう、至福の時間だったのでしょう。

この日は、その時の追想ではなく
さらなるステップとなっているのが聴けて
胸がいっぱいに。。




拍手を制するかのように弾き始められた"My Witch's Blue"
テーマのアルペジオがオソロシクなめらか!

音楽のタイムだけでなく
光と闇を表現するのに必要な技術を
小曽根さんは次々と手に入れる。
自分のイメージに向かって着実に進んでいく。
そんな、音楽に対する真摯な姿勢を見る度に
尊敬せずにはいられない!


最後は"Cyrstal Silence"
夢のような柔らかい音色が
ゆっくり、ゆっくりと奏でられる。

やがて刻みはじめられたリズムは
重い足どりのように進んでいく。
さらなる慟哭は
時空を引き裂くかのよう!

そうして
また
新しい夜明け

透き通った空気の中に
美しい夢のかけらが吸い込まれていく。。




ホールの、新しく生まれ変わったピアノにインスパイアされた
ダイナミックでいて繊細な、クラシカルな曲の後のアンコールは
ヴェネズエラのワルツ。
元はA.Lauroが作曲したギターの曲で、まるでフラメンコ。
なんてステキにカッコイイのだろう!


鳴り止まない拍手に応えて、もう1曲♬
「枯葉」が聴けたら、もう文句なしですねえ~。
しかも、とっても解りやすいアレンジw
みんなが大満足♡の幕切れでした!


























Miroslav Kultyshev Piano Rcital    [コンサートの記憶]

優しいメロディーが低音で奏される

なめらかなアルペジオ

最初の転調で 思わず涙

これが

ずっと待ち続けていたピアノ。。






MUSE PIANO SERIES 2016 休日に燦めくピアノの響き
ミロスラフ・クルティシェフ
       ~所沢ミューズ・アークホール
                 

(プログラム)
リスト:愛の夢 第3番
ショパン:ワルツ 第5番 変イ長調op.42
ショパン:エチュード「革命」
ショパン:ピアノ・ソナタ第2番「葬送行進曲」

ラヴェル:夜のガスパール(オンディーヌ、絞首台、スカルボ)
プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第7番Op.83「戦争ソナタ」
          (アレグロ・インクィエート、アンダンテ・カロローソ、プレチピタート)
(アンコール)
チャイコフスキー:くるみ割り人形~グラン・パドドゥ
ショパン:幻想即興曲








'16Octクルティシェフ3.jpg






なんというピアノの響き!
倍音の重なりが粒子になってホールを満たす。

確固たる和声感の上に構築された音楽。
息の長いフレーズ。
心地よいアゴーギグ。

彼が弾く唯一無二のリスト。
そしてショパン!

6年前のショパンコンクールのネット中継で
ミロスラフ・クルティシェフの演奏を聴いて以来
彼以外が弾くショパンは考えられなくなった。

あれから ずっとソロ・リサイタルを待っていた。
ほんとうに、ずっと!

ショパンの作品は、コンクールの時の方が丁寧に弾かれていたように思う。
コンクールはミスがマイナスになってしまうので、慎重にならざるを得ない。
恐らく、この日のショパンの方が彼の本来のものなのだろう。

型から出て自由にはばたくように
時には激しい音も交えた、情熱的でドラマチックな演奏。

また逆に最弱音の神秘的な美しさ!
ゆるやかに奏された音を
それが空気に溶けるまで聴きつづける集中力。

CDに閉じ込めることが不可能な
クルティシェフのピアノの響き。
ナマで聴くことが出来て
最高に幸せ!




そう、「幸せ」な気持ち。
これは不思議!

以前、クルティシェフの演奏を聴くと
それがどんなに明るい曲調のものでも
暗い響きを感じたものだ。
まるで地獄の釜をのぞいてしまったような恐ろしさ。

けれど、今回のリサイタルでは
そんな瞬間はなかった。
だから、すなおに「幸せ」と言えることが嬉しい。。





         

                        (以下の写真はweb上からお借りしました)

'16Octクルティシェフ2.jpg

                    


オンディーヌはまさに水の精。
そう思わせるようなピアノ。
ショパンの時と明らかに違う音色。

曲と曲の間も手を鍵盤から下ろさず(拍手をさせない!)
3曲ぜんぶで1つの曲なのだということが伝わってくる。

さあ、スカルボだ!
この超難曲で、クルティシェフはピアノの機能を最大限に生かした演奏を聴かせてくれた。
まるで 猛り狂った獣と戦うかのように
奏者とピアノが渾然一体となる。
炎の地獄のような音楽は
スカルボが ふいっと消え去って、終わる。



プロコフィエフの作品の現代的な響き。
ゆっくりと奏される時に音程感覚がのある奏者だと
それがとても際立つ。
クルティの見事な音程感覚は
まるで色彩が目に見えるよう!
彼はポリフォニックな感覚も非常に鋭いので
紡がれる音楽は、さながら美しい綾織り。

そして終楽章。
なんということだ!
これはまるでテクノ・ミュージック!
もの凄いリズム感とドライブ感っ!
めっちゃカッコイイ~!!
フランチェスコ・トリスターノの「ラ・ベネクシアーナ」を思い出してしまったw

拍手喝采!




そしてアンコール。

かわいらしいアルペジオから始まり
繰り返されるメロディー。
少しずつ音数が増してゆく。
それはそれは豪華な「くるみ割り人形」。

クルティが こうしてソロで弾いてくれている。
もう
感謝しかない。。



拍手なりやまず。

アンコールの2曲目はショパン。
初めてクルティシェフの演奏を耳にした6年前の秋の日に思いを馳せる。

あの日も
彼は
ショパンを弾いていた。。




















































声の庭          [コンサートの記憶]

ウィリアム・クリスティ&レザール・フロリサン
<イタリアの庭で~愛のアカデミア>
                   ~サントリーホール


指揮ウィリアム・クリスティ

ソプラノ:ルシア・マルティン=カルトン
メゾソプラノ:レア・デザンドレ
カウンターテナー:カルロ・ヴィストリ
テノール:ニコラス・スコット
バリトン:レナート・ドルチーニ
バス:ジョン・テイラー・ウォード

オーケストラ:レザール・フロリサン

(プログラム)
A.バンキエーリ:音楽のザバイオーネ「森の創意」&5声のマドリガーレ第1集より
       マドリガーレ「さあ、全員集まったから」
A.ストラデッラ: カンタータ「ねえ、恋人さんたち(愛のアカデミア)」より
        シンフォニア「レント」
O.ヴェッキ:「シエーナの夜会、または現代の音楽のさまざまな気分」より
      「音楽のユーモア」「皆さん静かにしてください」
A.ストラデッラ: カンタータ「ねえ、恋人さんたち(愛のアカデミア)」より
        シンフォニア「アレグロ」
        5声の合唱「ねえ、恋人さんたち」
        レチタティーヴォ「美女の女神が望む最高の栄誉は」
        アリア「美しい容貌とは」
        レチタティーヴォ「狂わせたのは誰」
ヘンデル: オペラ「オルランド」より
     アリア「冥界の川に住む、邪悪な亡霊たちよ」
ヴェルト:「5・6・7声のマドリガーレ集」第5巻より
     マドリガーレ「もはや涙ではない」
A.ヴィヴァルディ: オペラ「オルランド・フリオーソ」より
         レチタティーヴォ「不実で嘘つきな女よ」
         アリオーソ「鎧も兜も脱ぎ捨てよう」
         レチタティーヴォ「身軽になったので、一息つこう」
         アリア「俺は、背中には百の翼を」
ヘンデル:オラトリオ「時と真理の勝利」より
     アリア「棘は残したまま、薔薇の花だけ」
A.ヴィヴァルディ:「離宮のオットー大帝」より
         アリア「嫉妬よ、おまえは私の魂にもたらした」
A.ヴィヴァルディ:歌劇「愛と憎しみに打ち勝つ徳、またはティグラネス王」より
         アリア「愛しい瞳よ」
A.ストラデッラ:カンタータ「ねえ、恋人さんたち(愛のアカデミア)」より
        レチタティーヴォ「悟りは愛の学校のメンバーでないけれど」
        アリア「愛の神の矢に用心しなさい」
        レチタティーヴォ「悟りが理性と手を組んだなら」
        マドリガーレ「愛の神は巧みな師匠だ」

D.チマローザ: オペラ「みじめな劇場支配人」より
       「ああ、皆さん分かってください」
ハイドン: オペラ「歌姫」より
     レチタティーヴォ「美しい方々」「私はどうしたらいいの」「どうですか」
D.サッロ: オペラ「カナリー劇場支配人」より
     インテルメッツォ第2番(抜粋)
     アリア「人前で芝居をするのは惨めだわ」
     インテルメッツォ第1番(抜粋)
     レチタティーヴォ「外国から来る興行師を待ってるの」
モーツァルト: バスとオーケストラのためのアリエッタ
      「お前は手にキスされただけで」
ハイドン: オペラ「歌姫」より
     四重唱「悪党!裏切り者!人殺し!」
N.ボウボラ:ソロ・カンタータ
      レチタティーヴォ「もしも私の心が自由で」
      アリア「この唇と瞳が惑わしたのなら」
ハイドン:オペラ「騎士オルランド」より
     「僕は困惑している」

(アンコール)
ロッシーニ:オペラ「チェネレントラ(シンデレラ)」より
      六重唱「貴女ですね」
ストラデッラ:カンタータ「ねえ、恋人さんたち」より
       マドリガーレ「愛の神は巧みな師匠だ」
ジャキェス・デ・ヴェルト:マドリガーレ「もはや涙ではない」


'16Octレザール・フロリサン2.jpg




ウィリアム・クリスティーの長い手が柔らかく弧を描くと
彼の人柄そのままのような、暖かい音楽が紡ぎ出される。

オリジナル楽器の管弦楽の軽やかな響き。
奏者ひとりひとりが本当に達者!

その確かな演奏に支えられて
若い歌手たちが躍動する。
すべて暗譜で、演技を交えながらの歌唱。
プログラムは様々な作曲家の楽曲から選曲され
若者が「愛」を学ぶプロセスを表していた。

歌はソロよりもアンサンブル。そしてアカペラの重唱の方がすばらしく、
特にアンコール最後のアカペラは抜群だった。
歌が終わっても客席が長いこと静まりかえっていたほど。
ほんとうに、拍手をするのが惜しいくらいの静寂。

欲を言えば管弦楽だけの演奏をもっと聴きたかったなあ。



'16Octレザール・フロリサン1.jpg


ラジオの朝の番組「古楽の楽しみ」で
関根敏子せんせいが良く紹介して下さる「レザール・フロリサン」。
今回はじめて、彼らの生演奏を聴くことができました!
指揮のウィリアム・クリスティーは長く古楽界をリードし続けていて
彼の元を巣立った音楽家による古楽グループが数多く存在するそうです。
クリスティーさん、これからも元気に活躍してほしいなあ!










































Et in terra pax        [音のしずく]





私にむけられた

あなたの笑顔

もう それだけで

不安や怖れが洗い流される




少しだけ

この幸せに浸っていよう




あなたの描く未来のなかに

私がいるのだから!











J.S.Bach: Mass in B minor BWV 232
V. Et in terra pax (地には平和を)




































Jazz meets Classic      [コンサートの記憶]

"Jazz meets Classic"
      ~東京文化会館 大ホール


ピアノ:小曽根真、ゴンサロ・ルバルカバ

打楽器:安藤芳広、小林巨明(第1部のみ)
指揮:角田鋼亮(第1部のみ)
管弦楽:東京都交響楽団(第1部のみ)

(プログラム)
第1部
バルトーク:ルーマニア民俗舞曲
バルトーク:2台のピアノと打楽器のための協奏曲

第2部
デューク・エリントン:キャラバン
チャーリー・ヘイデン:ファースト・ソング(ゴンサロ・ルバルカバ ソロ)
即興演奏
小曽根真:タイム・スレッド(小曽根真 ソロ)
マイルス・デイヴィス:ソーラー

(アンコール)
ジョゼフ・コズマ:枯葉
セロニアス・モンク:ブルー・モンク
チック・コリア:スペイン






オーケストラだけで演奏された1曲目が あっという間に終わる。

2台のピアノが設置され、いよいよ協奏曲だ。

この曲は「2台のピアノと打楽器のためのソナタ」に、作曲家が後から管弦楽を付けた曲。
だから、二人のピアニストと二人のパーカッショニストがメインになる。

そのパーカッション隊が
ものすごく上手い!!
音楽を牽引していくかと思えば
あるところでは余裕をみせる。

暗譜で挑む小曽根さんの真剣な表情。
もう一人のピアニスト、ゴンサロ・ルバルカバは
速いパッセージを弾きながら、それを歌っている。
「パパパパ~」
というように全てを細かく。

小曽根さんは10日前のワークショップの時
「自分の中にない音楽」
と言って、演奏を断ろうかと思うくらい大変だったと明かしている。
でもそれを暗譜するまで弾き込んでしまえるって本当にすごい!

そのワークショップで、この曲の終わり方に触れ
「これだけ難しいことを延々とやっておきながら、最後がごく普通のⅤーⅠで終わるんですよ」
と言っていた通り
シビアな不協和音の連続の終わりに
えもいわれぬ優しい音でⅤーⅠが鳴らされて、曲が閉じられた。


ハンガリーの香りがするバルトークの独特な世界。
ああ、もう一度聴きたいなあ!
その時はピアノ2とパーカッション2という元の姿で
丁々発止のやりとりを体験してみたい。



さあ、第2部はピアニストふたりのインプロヴィゼーション!



'16Oct.OZ.jpg



演奏の前にマイクを取った小曽根さん。
「ここからは水を得た魚のように」w
そして、ゴンサロ・ルバルカバの紹介を。

デビューしたてのゴンサロの超絶な演奏を聴き('91)アゴが地面に落ちるくらい驚いたこと。
一つ一つの音に意味があるのに、もの凄いスピードで弾くことが出来る人は他にいない!

さらに、クラシックとジャズの両方を弾けるということで
今回のプロジェクトに彼を招いたのだそう。
そして、小曽根さんとゴンサロを引き合わせてくれた方が
はるばるサンパウロから聴きに来てくれた、と紹介される。
満場のあたたかい拍手!

続けて
1部は大変に緊張するものだったので、2部はリラックスして聴いてほしい。
実は、これから何をするのか全く決めていない。
(会場から驚きのどよめき)

こうして、2台ピアノによるインプロビゼーションが始まった。



コンチェルトの時と同じで
向かい合わせに置かれたピアノの下手側に小曽根さん、上手側にゴンサロが座る。

そこに出現したのは、音楽というより3Dの映画が立ち現れたような感覚。
断崖絶壁のロッククライミングのように
弾かれた音は電光石火のように次の音への足がかりとなる。
突風で宙に舞い、旋回するかと思えば
鮮やかに空(くう)を切って突き進んでいく!
同じ場所に留まることは一時(いっとき)もない、
次々に展開する画面。。

ジャズのライブと同様、私たちは曲名を知らされていないので
(上に挙げたものは、後日発表されたもの)
元の曲のテーマさえも殆ど弾かれないくらいのインプロビゼーションに
ただただ驚愕するのみ。





ひとりがソロを弾く時、もうひとりはステージ後方に座って聴いている。

ゴンサロのソロ。
とても内省的で、しっとりと聴かせてくれる。
音のひとつぶひとつぶが本当に綺麗。

コンテンポラリーダンスは
クラシックバレエの素養がある人が踊ると
非常に美しいという事を思い出させてくれる。
これは
ゆるやかなパ・ド・トウ。。


ふたたび、2台ピアノ。
いったい起承転結はどこにあるのだ?というような即興!
更にスピードが上がり、音数が増え極限を超えたようなパフォーマンス。
おそろしいことに、二人はそれを心から楽しんでいるのだ!


(ところで、ゴンサロは左のソフトペダルをずっと踏んで演奏していた。
CFXがこの音?と不思議に思って足許を見てわかったこと。
これは相手の音との区別が聞こえやすいようにしたかったのだろうか?)




小曽根さんのソロ。
浮遊感のあるピアノの響きが
やわらかく空中にふくらんでいく
かと思えば
それが ふっと途切れる

次の瞬間に弾かれる単音は
孤独と幸福の狭間。。


真っ先に拍手をしたのはゴンサロ。
ピアノに戻ると、最強のデュエットに。
仕掛け花火の連続のようなピアノに
私たちはそれこそ、アゴが地面に落ちてしまうのだ!

小曽根さんが以前「パンドラ」というCDをリリースした事があったけれど
この日、また新しい箱が この二人によって開けられたのかも。




そしてもちろん、アンコール。
ゴンサロが「枯葉」の冒頭をパラッと弾く。
会場から「を~~!」という歓声。
「知ってる曲だっ」w
でも、それはほんの一瞬で、すぐにインプロビゼーションの海に飛び込む。

ダブル・アンコールはブルー・モンク。
これはジャズファンにはたまらない。
もう、何でも弾けちゃうんですね(あたりまえ

しか~し、これを聴いても
拍手は鳴り止まない!!

なんだかバルトークを聴いたのは遠い過去のようだ。
時間の経過がおかしなことになっておるぞw

と、拍手をし続けていたら
なんと!
もう1曲がありました~♬

あわわわ
この曲は!!

ずーっと即興で弾き続けてるけど
このスケールは絶対あの曲だーー!!

最後の方に弾かれた
「スペイン」のテーマにクラップが起こる。
でも
実はそれが宴の終わり。

一番ステキな表情を撮し取った写真のように
音楽は熱いまま心に焼き付けられた。。

























3 SONATAS FOR VIOLA DA GAMBA      [コンサートの記憶]

J.S.BACH  3 SONATAS FOR VIOLA DA GAMBA
             ~近江楽堂(オペラシティ)


チェンバロ:芥川 直子
ヴィオラ・ダ・ガンバ:ミネケ・ファン・デル・フェルデン

(プログラム)
J.S.バッハ ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのためのソナタ全集

      第1番ト長調 BWV1027
      第3番ト短調 BWV1029
      (ガンバ独奏)
      第2番ニ長調 BWV1028


'16Oct芥川1.jpg


近江楽堂のマリアさまの前に置かれたチェンバロとヴィオラ・ダ・ガンバ。
これを見るだけで心が落ち着き、優しい気持ちになれます。

ドイツ在住の芥川直子さんのチェンバロ、
緩徐楽章はとても優美でした。
ともすれば四角四面になりがちなJ.S.バッハの音楽が
柔和な表情を見せてくれます。

それに寄り添うように奏でられるヴィオラ・ダ・ガンバ。
さほど大きくない楽器なのに
そして決して力むことのない弓づかいなのに
深い響きが音楽堂を満たしていきます。


そして、速い楽章は
二人の息がピッタリ合って、心地よいこと この上ない!
しっかりした拍感のチェンバロに乗って
ガンバが自由に駆け巡る。


3曲目の前に、ガンバの独奏がありましたが
口頭で曲を告げられたため曲名が不明です。

それに続けて演奏されたニ長調のソナタは、この日の白眉!
ふたつの楽器の対話を存分に楽しみました。






終演後、楽器を片付けにいらしたフェルデンさん。
写真OK!ということで、撮影大会にw

'16Oct芥川2.jpg




この楽器は来年400歳になるのだそうです!
ネックに彫られた天使?が可愛い。

'16Oct芥川3.jpg




フェルデンさんの楽譜はバッハの曲を写譜したファクシミリのコピーでした。
(これまた貴重な!)

'16Oct芥川5.jpg




そして、チェンバロの内部の装飾も美しかった~♡

'16Oct芥川4.jpg



耳にも目にも優しい演奏会。
またいつか聴けますように!