So-net無料ブログ作成
検索選択

はなうた            [カーテン・コールの後に]


「きちんと立ってまっすぐ歩きたいと思っている」
                ~ムジカーザ


振り付け・出演:黒田育世
ピアノ・音楽:鈴木優人
出演:関なみこ
原曲:松本じろ





そこは浜辺なのだろうか。。

ふたりのダンサーが踊るのは
海風が持ち去ろうとする追憶?
あるいは
ひび割れた愛のかけら?


鼻歌が聞こえる

それは
まぎれもない日常
ただ普通に生きている
おそらく 人のいとなみは
いつの世も変わらない



だから
鼻歌が止んで 無音になると
ダンスが緊張感をおびる

過去と向き合おうと
自分を突き詰めていくと
ヒリヒリとした緊張が
極限に達する!

とても直視できない
狂気・・・







そこへ
ピアノが奏される

まるで救いのように




息も絶え絶えだった水槽に
酸素が送り込まれ
ほお~っと
深い深い 息をつく



世界は色彩を取り戻し

ダンサーたちは
文字通り水を得た魚のように
しなやかに踊るのだった。。。





'16Augダンス優人1.jpg









優人さんがコンテンポラリー・ダンスの公演で音楽をされるというので行って来ました。
(↑ダンスは不得意分野なのでツッコミ不可と言っている)


しかし、グランドピアノは設置してあるものの
ずーーっと演奏がありません!
最初に床に置かれた照明のワイヤーをたぐり寄せるというパフォーマンス(?)をしただけで
後はずーっとピアノの下で体育座りをしていらっさいました~。

その間、ダンサーふたりは時折流れる録音された歌で踊っています。
黒田さんはプロのダンサーですが、もうひとりは未経験の10歳の少女。
ところが、その子が黒田さんに引けを取らないくらいのダンスをするのでビックリです。

さて、録音の歌というのは松本じろさんの鼻歌。
生活音も一緒に録れているくらい、てきとーに歌っているようなのですがw
それをダンス音楽として捉えているというのは凄いですね。

さらにっ!
その鼻歌を美しいピアノ曲にしてしまった優人さん、
やはり天才です~♬

実は鼻歌が止んで、全くの無音状態でダンスは続きました。
息苦しい緊張感。
会場全体が硬直してしまいました。

そこへ 本当に美しい音色でピアノが奏され
息を吹き返したのです!

メロディーに豊かなハーモニーがつくと
心が洗われるようです。
音数が少なくても、選び抜かれた音たちが奏でる音楽のすばらしさ!
短い曲ばかりですが、
しっとりと、あるいはリズミカルにと紡ぎ出されると
空間に色彩が戻ってきたかのよう。。



そうそう、ちょっとだけ優人さんのナマ鼻歌がきけたんですよ~。
また活躍の場が広がりましたね~(え?




'16Augダンス優人2.jpg



鼻歌に優人さんの創作が加わり、
さらに即興で弾かれたところもあったという珠玉の作品たち。。

なんてステキだったことでしょう。
(弾いてみたいなあ。。)

優人さ~ん、ピアノの小品集を創って下さ~い *\(^o^)/*



































Terror         [カーテン・コールの後に]


「裁判劇 Terror」
       ~日経ホール 

朗読:橋爪功
ピアノ:小曽根真

演出:深作健太


「テロ」 原作:フェルディナント・フォン・シーラッハ  
     翻訳:酒寄進一


'16AugTerror2.jpg



「起立!」

同時にピアノで和音が鳴らされ、本当に起立しそうになる。


私たちは法廷にいて、深刻な裁判に対峙することになった。
一人芝居の劇場の客席にいたはずなのに
被告人の「有罪」か「無罪」かを投票する、重要な役割を担ってしまった。。



裁判長、検事、弁護士、証人、そして被告を演じ分ける橋爪功さん。
その迫真の演技は、もはや演技とは思えないほど!
私たちは固唾をのんで、その言動を見守ります。
人の運命を左右することになるのですから
ひとつの言葉も聞き逃すわけにはいきません。



'16AugTerror3.jpg



あまりに重い内容、そして橋爪さんの言葉を必死に受け止めようとするあまり
なんと!
ピアノの存在を忘れている瞬間が何度もあったのです。

どれほど音楽がお芝居に溶け込んでいたことか。

個性を主張するのではなく、
ひとつの作品が朗読とピアノによって創り上げられていた。
だから
舞台の照明が変化しなくても
私たちは音楽によって背景が変わり、風がふき
空の色が刻々と変化していくのを感じる事ができたのです。




裁判は休廷になり、私たちは投票しました。




そして後半の冒頭に弾かれたピアノ・ソロ。

これまでの裁判の様子が走馬燈のように描き出される。
まるで 朗読された言葉たちが
もう一度、私たちに語りかけるかのように!







有罪か無罪かで、結末は2通り用意されていたそうです。

いずれにしても
命の重さ、そして憲法というものについて
深く考えさせられた裁判劇でした。






'16AugTerror1.jpg
                (web上からお借りした写真。以前の公演のものと思われます)








お芝居の後、橋爪さん、小曽根さん、そして翻訳者の酒寄進一さんによる
アフタートークがありました。


いくつかのエピソードが語られましたが、中でも驚いたのは
小曽根さんは全て即興演奏だったのだそうです。

譜面台に置いたのは、この劇の「台本」。
橋爪さんの声のニュアンス、そして呼吸に合わせ、
即興でピアノを弾いていたのです。

だから、公演ごとに音楽が全く変わってしまう!
ええ~ 
そんなこと聞いたら、また観たくなってしまいます~!



小曽根さんのピアノは
もうひとりの役者だったのですね。
相の手を入れたり、うなづいたり、
流れに勢いをつけたり、ブレーキをかけたり。。
すごいなあ。
新しい小曽根ワールドの誕生、ですね!



























Pie Jesu     [音のしずく]


あなたの思いが届く日!




・・たとえ茨の道であろうとも

決意を覆さずに歩み続け

こうして

ここまでたどり着いたのだから


・・たとえ全てが思い通りでなくても

こうして

歌を届けることができたのだから











さあ、天上からの音楽を聴かせて!




あなたには

恋の歌は似合わないよ。。







ガブリエル・フォーレ「レクイエム」より



Pie Jesu











































rhetorica            [語られる音たち]

音楽修辞学入門
        ~Space415

斉藤基史さん(音楽学)の講座に伺いました。

'16Aug古楽カフェ2.jpg


(自分用メモ)

・レトリック(修辞学)は古代ギリシャ・ローマ時代に身に付ける教養の一つだった。

・それは5つの要素(発想・配列・措辞・記憶・口演)から成る。

・ヨーロッパでは中世から18世紀にかけて学ばれていたが、19世紀に衰退。
 第2次世界大戦後に欧米で見直す動き。日本は1970年代以降に研究されるようになった。

・20世紀になってから17、18世紀の主にドイツ・バロック音楽における
 音楽と修辞学の結びつきが再発見される。

・アフェクト=合理化(パターン化)された心の状態
 正しく抑揚をつけてテキストを表現する→言葉と音楽にバランスの取れた均衡が生み出される

・音楽フィグーラ 自然や感情を表現する方法としての修辞学
 ex:Miserere「憐れんで下さい」でよく使われるフィグーラ
        言葉を縦に揃える、変化音(#♭)、同一音の反復、下行4度音型



・・というようなお話でしたが
丁寧に作成された資料に加え、音源もいくつか流して下さるという充実した講座でした。
入門編ということで、初心者にも解りやすいお話ぶり。
心配していたアウェイ感もなくてw良かったです~。




'16Aug古楽カフェ3.jpg





ところで、これは3日間にわたって催された「古楽かふぇ」の中の講座でした。
いくつか設定された講座やコンサートの時間以外は
古楽の好きな人たちが集って語り合いましょうというものです。


遠藤さんという、ルネサンスの料理を研究している方のお菓子と飲み物をいただきました。

'16Aug古楽カフェ1.jpg


フィナンシェとスバイス入りの飲み物、絶品でした!
飲み物は、アップルジュースに
ジンジャー、シナモンスティック、ミント等を入れ、煮立ててから冷やすそうです。


古楽のCDが大特価で販売されていたので、たくさん購入しました。
家に帰ってからも、お楽しみは続行中です~♬