So-net無料ブログ作成
検索選択

Slovanská epopej            [絵画への旅]

ミュシャ展
      ~国立新美術館



「スラヴ叙事詩」
まさに圧倒的!!
これは観る、というより体感でした。
主役のカリスマ性はもちろん、
脇役たちの魅力的な表情、そして動作に惹き付けられました。
物語の中に身を投じてしまったような興奮!!



'17Marミュシャ展1.jpg





ミュシャが後半生の全てをかけた大作、20点の来日。
チェコ国外で連作すべてが一挙に公開されたのは初めてだそうです。

ミュシャといえば美しい女性のポスター画を思い浮かべます。
パリ万博が開催された1900年頃に一世を風靡した画家。
頂点をきわめていた時に、故国チェコに戻り
「スラヴ叙事詩」の製作に没頭したといいます。

縦横が、それぞれ4~8mという大作ばかり。
チェコのモラビア地方の民族の歴史をたどる作品です。



展覧会場に入ると、壁面すべてが「スラヴ叙事詩」になっている。
もう、これだけで興奮のるつぼ!
ドキドキしながら歩き回ってしまう。

少し落ち着いてきたので、双眼鏡を取り出す。

とにかく「大きい」という事は知っていたので忘れずに持ってきた。
ミラノの「最後の晩餐」も、システィーナ礼拝堂の天井画も
この双眼鏡で観たのだ。

そして、すみずみまで丁寧に描かれていることに
また驚いてしまう。



この展覧会で画期的なのは写真撮影可!!
一部ではあるけれど、日本の企画展では希なこと。

大勢の方がカメラやスマホを作品に向けていた。
私も存分に楽しみましたよ。

'17Marミュシャ展2.jpg


ここで漸く正気になり、作品をもっとしっかり観なくては!
とにかく、この大きさはポストカードでは収まりきらない。
それは、どんな作品でも同じだけれど、
特に「スラヴ叙事詩」は記憶に刷り込んでおきたい!

この連作は、どれも歴史上の一場面。
ひとつひとつの作品に、長尺の劇のような深い物語がある。
その内容を理解するのは容易なことではないけれど
ミュシャの意図に少しでも近づきたいと思った。


ところが、作品が順に並んでいないのですよ!
あっちへウロウロ、こっちへウロウロ。
もしかしたら、壁の大きさで展示の順が変わってしまったのかも?
私と同じ思いの方が結構いて、皆で人をかき分けながらウロウロw

そうそう、忘れてはいけない
ペン画やスケッチ、そしてあの美しいポスターたちもありました。
小さな紙にささっと描かれたペン画の愛おしさ!
思わず惹き込まれ、ひとつひとつを つぶさに観てしまいます。
そうか、このデッサン能力があるからこそ
あのデフォルメされたポスター画が描けたのだ!


そして、もう一度「スラヴ叙事詩」を。。
というわけで、2時間以上!
ひとつの展覧会の滞在時間、自己最高記録ですね~。




ところで、ミュシャは
スメタナの「わが祖国」を聴いて、「スラヴ叙事詩」を描くことを決意したそうです。
そのため、今回は「わが祖国」がPVなどにも使われています。
でもね、「スラヴ叙事詩」は太古の昔から始まっているでしょう。
連作の中の祭りの場面などを描くとき
ミュシャは故国の民謡などを思い浮かべていたのではないかしら。
たとえば、こんなふうな。。






ミュシャは幼い頃に聖歌隊で歌っていたそうです。
古いオルガンを、引っ越す時も持って行ったといいます。
じっさい、「スラヴ叙事詩」の「ヴィートコフ山の戦いの後」には
オルガンを弾く老人が登場しています。

音楽を愛し、平和を願ったミュシャ。
「スラヴ叙事詩」の全ての絵から
さまざまな歌や楽器の旋律、そして打楽器のリズムが聴こえて来る。。

























nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。