So-net無料ブログ作成

メディチ家が愛した音楽        [コンサートの記憶]

「メディチ家が愛した音楽」イタリア・ルネサンスの響き
                   〜近江楽堂

リュート、構成&編曲:高本 一郎
カウンターテナー:青木 洋也
タンバリン:田島 隆

(プログラム)
ロッシーノ・マントヴァーノ:バグパイプの音色のようだ
レオナルド・ダ・ヴィンチ:愛は甘美なものであるが
ヘンリクス・イザーク:インスブルックよさらば
ジャン・ムートン:アヴェ・マリア
作者不詳(15世紀):望みなき運命
グリエルモ・グリエルモ・エブレオ・ダ・ペザーロ:些細なこと
ロレンツォ・デ・メディチ(詩)・高本一郎(曲):麗しき青春
頑固にやりとげるのだ:マルケット・カーラ
ジャコモ・フォリアーノ:愛しい人よ

ジョスカン・デ・プレ:はかりしれぬ悲しさ
           スカメッラは戦いに
作者不詳(16世紀):スパニョレッタ(シチリアーナ)
ヤコブ・アルカデルト:白き優しい白鳥
フィリップ・ヴェルドロ:あなたの美しい顔
ヴィンチェンツォ・ガリレイ:サルタレッロ
エミリオ・デ・カヴァリエーリ:何という新たな奇跡
ジュリオ・カッチーニ:東方の門より




'17Febメディチ家2.JPG






楽しげに 飛び跳ねるリズム!
やわらかく弾む打楽器の音は
踊りの輪にさそう

晴れやかな撥弦楽器と
さわやかな歌の調べ

ようこそ
笑顔あふれる ひとときへ。。





'17Febメディチ家3.JPG



ルネサンスのころ
イタリアはフィレンツェで栄華を誇ったメディチ家。
学問や美術が大輪の花を咲かせる中で
音楽もまた、すばらしい作品が生み出された。
レオナルド・ダ・ビンチが即興演奏の名手であり
ガリレオ・ガリレイの父も音楽家だった。



ゆるやかに 爪弾かれる
リュートのしめやかな音色は
いにしえの時の狭間を思い起こさせる

ゆらめく蝋燭の明かり
かすかな衣擦れ

静かに歌われる優しい旋律は
忘れていた人を思い起こさせる






'17Febメディチ家1.jpg




田島隆さんのパーカッション、本当に凄かった!!
「日本で唯一のタンバリン専門の奏者」と紹介されていますが
1つのタンバリンから叩き出す音が何種類もあって、
それが非常に美しい音色なのです!
タンバリンの皮をシュッとこする音だけでも、ぞくっとするほどステキ。

太く力強く、また軽やかに細やかに
繰り出すリズムは素晴らしいグルーヴ感を生み出し
音楽をドライブさせていくのです。
もちろん、即興演奏ですよ~♬♪


パーカッションに触発されたリュートとカウンターテナー。
3人の気持ちがどんどん高まって
躍動感みなぎる音楽が繰り広げられる。

プロフェッショナルが刺激し合って
新しい境地を開いていく。
夢のような瞬間が
目の前に現れる、快感!



これが踊らずにいられますかっ!
もう、アンコールの時は立ち上がって踊ってしまいましたよ~w




'17Febメディチ家4.JPG








再演熱烈希望!!!

と 心の中で叫んでいたら
思いが通じたみたいです~(やったね!

























nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 2

藤田伊織

ロレンツォ・デ・メディチの作った詩がフィレンツェ市民の愛唱歌になっていたのですが、この旋律はわかっているのでしょうか。

うるわしき若さも
とどむすべなし
愉しみてあれ
明日知らぬ身なれば
       ロレンツォ・デ・メディチ
Quant'è bella giovinézza
Che si fugge tuttavia!
Chi vuol esser lieto, sia:
Di doman non c'è ceriezza.

なんとかして知りたいと思います。申し訳有りませんが、ご存知でしたら、お教えください。

藤田伊織
mocfujita@aol.com

by 藤田伊織 (2017-06-25 13:39) 

Halumi

藤田伊織さま♪
ご訪問ありがとうございます。
残念ながら私はその旋律を存じ上げません。
この演奏会で演奏されたのは、リュートの高本さんが当時の雰囲気を加味して作曲されたものです。

少し調べてみましたら、歌詞についての記述は見つかりました。
http://sugarqueen1.blogspot.jp/2013/02/quant-bella-giovinezza.html
ここでは旋律の事には触れていません。
メディチ家に関わりのある音楽家でイザークという人がいました。
ことによると作曲はこの人かも?と思いましたが詳細は不明です。
イザークの有名な曲についての記事です。
http://lecahier.blog.so-net.ne.jp/

お役に立てず、申し訳ありません。
知人にも聞いてみて何か解りましたらお知らせいたします。

ところで、藤田さんのHPはすばらしいですね!
今度ゆっくり訪問させて下さいね。
by Halumi (2017-06-25 22:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0