So-net無料ブログ作成
検索選択

Terror         [カーテン・コールの後に]


「裁判劇 Terror」
       ~日経ホール 

朗読:橋爪功
ピアノ:小曽根真

演出:深作健太


「テロ」 原作:フェルディナント・フォン・シーラッハ  
     翻訳:酒寄進一


'16AugTerror2.jpg



「起立!」

同時にピアノで和音が鳴らされ、本当に起立しそうになる。


私たちは法廷にいて、深刻な裁判に対峙することになった。
一人芝居の劇場の客席にいたはずなのに
被告人の「有罪」か「無罪」かを投票する、重要な役割を担ってしまった。。



裁判長、検事、弁護士、証人、そして被告を演じ分ける橋爪功さん。
その迫真の演技は、もはや演技とは思えないほど!
私たちは固唾をのんで、その言動を見守ります。
人の運命を左右することになるのですから
ひとつの言葉も聞き逃すわけにはいきません。



'16AugTerror3.jpg



あまりに重い内容、そして橋爪さんの言葉を必死に受け止めようとするあまり
なんと!
ピアノの存在を忘れている瞬間が何度もあったのです。

どれほど音楽がお芝居に溶け込んでいたことか。

個性を主張するのではなく、
ひとつの作品が朗読とピアノによって創り上げられていた。
だから
舞台の照明が変化しなくても
私たちは音楽によって背景が変わり、風がふき
空の色が刻々と変化していくのを感じる事ができたのです。




裁判は休廷になり、私たちは投票しました。




そして後半の冒頭に弾かれたピアノ・ソロ。

これまでの裁判の様子が走馬燈のように描き出される。
まるで 朗読された言葉たちが
もう一度、私たちに語りかけるかのように!







有罪か無罪かで、結末は2通り用意されていたそうです。

いずれにしても
命の重さ、そして憲法というものについて
深く考えさせられた裁判劇でした。






'16AugTerror1.jpg
                (web上からお借りした写真。以前の公演のものと思われます)








お芝居の後、橋爪さん、小曽根さん、そして翻訳者の酒寄進一さんによる
アフタートークがありました。


いくつかのエピソードが語られましたが、中でも驚いたのは
小曽根さんは全て即興演奏だったのだそうです。

譜面台に置いたのは、この劇の「台本」。
橋爪さんの声のニュアンス、そして呼吸に合わせ、
即興でピアノを弾いていたのです。

だから、公演ごとに音楽が全く変わってしまう!
ええ~ 
そんなこと聞いたら、また観たくなってしまいます~!



小曽根さんのピアノは
もうひとりの役者だったのですね。
相の手を入れたり、うなづいたり、
流れに勢いをつけたり、ブレーキをかけたり。。
すごいなあ。
新しい小曽根ワールドの誕生、ですね!



























nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0