So-net無料ブログ作成

TABLATURA            [コンサートの記憶]

リクエストだよ タブラトゥーラ!
            ~求道会館

古楽器バンド《タブラトゥーラ》

 つのだたかし[ラウタ/ウード]
 田崎 瑞博[フィドル]
 江崎 浩司[リコーダー/ショーム]
 近藤 郁夫[パーカッション/ハンマーダルシマー]
 山崎 まさし[ビウエラ]


(セットリスト)
新しい自転車:つのだたかし
チルドレン・チルドレン:早坂沙知
青海亀の夢:つのだたかし
バラータ トロッポ・フェーデ:作者不詳 14c.イタリア
レディ・ケアリー:作者不詳 16.イギリス
パルマス:田崎端博
水車(みずぐるま):近藤郁夫
2つのサルタレロ:作者不詳 14c.イタリア
ラグルタグル:作者不詳 16c.イギリス
悲しみはつのりて:作者不詳 13c.フランス


シャンソネッタ・テデスカ:作者不詳 14c. イタリア
 ワルプルギスの夜:石森愛彦
 でんでれでん:石森愛彦
 満月の夜:つのだたかし
 狐の嫁入り:つのだたかし
 あれもだめ、これもだめ、私の人生すべてだめ:田崎端博

夜来る人:つのだたかし
ごわごわ:田崎端博
トロキルス:江崎浩司
レセルカーダ:D.オルティス 16c.スペイン




にぎやかな曲がスタートし、客席は一気に沸き立つ。
踊り出したくなるような楽しいリズム。
ちょっとゆるめのメロディーが何とも心地よい。

さあ、古楽器バンド・タブラトゥーラのはじまりはじまり~♬


会場は こんなところ。

'16Julyタブラトゥーラ1.jpg


なんと、お寺です!
お堂の中に仏様が鎮座していらっしゃいます。

その前に置かれている楽器の数々。
これは古楽器。ルネサンスの楽器たちですねえ。

そして、それを操るのは作務衣のような服を着た
あやしげな5人のおじさんたちw

リーダーの(本人は「司会」と言ってましたが)つのだたかしさんが
「ブラボーの練習から!」
と、音頭を取って会場全員で
「ぶらぼーー!!」
いやあ、最初からハイテンション♬

この日は あらかじめ募集したリクエストでプログラムが構成されましたが
メンバーの中からもリクエストがありw(つまり「弾きたい曲」というわけですね)、
新旧取り混ぜての演奏になりました。
それというのも、このバンドは結成されたのが30年以上前なのです。
メンバーの交替はあったようですが、つのださんは ずっと変わらず。

しかしっ 
リュートで静か~に歌の伴奏をしているつのださんとのギャップがすごい。
元気はつらつで、とても70歳とは思えません。
お話も楽しく、リクエストをくれた人の名前を呼んで紹介したり。
何年も通っているファンの方の多さに驚かされます。
そして皆さん、すっごいリズム感が良いのです~。
一緒に手拍子をするところなんかバッチリ決まってしまうんですよ。
気持ちいい~!


あ、もちろんメンバーの演奏技術がハンパないことを忘れちゃいけません!
もう、目の前で繰り広げられていることが信じられないくらい
上手すぎるっっ!!!

フィドル(といっても中世仕様の)を弾く田崎さんは
小ぶりのガンバのような楽器も演奏。
この方、どこかで・・?と思っていたら
クラシックの弦楽四重奏団でチェロを弾いている方なんですね。
それなのに(と言ったら失礼か?)
こーんなに自由に弾けてしまうって、凄い才能!




'16Julyタブラトゥーラ2.jpg




こちらは江崎さんのリコーダーたちです。

'16Julyタブラトゥーラ3.jpg

曲によって持ち替えながら、カッコ良く吹いていらっしゃいますが
おそらく殆ど即興なのでしょうねえ。すごいなあ。





そして、このきれいなタイコ!

'16Julyタブラトゥーラ5.jpg


これをたたくのは近藤さんですが、これ以外にも大きなタイコや鈴
そしてハンマーダルシマーも演奏されます。




'16Julyタブラトゥーラ4.jpg

カメラ目線をありがとうございます♡

休憩時間に調律をされていたのに、お客さんの質問ぜめにあっております(汗
ついでに私も!と、調律のことについてお聞きしてしまいました。

意外なことに、ハンマーダルシマー(ピアノの先祖の楽器)は
平均律で調律しているのだそうです。
なのに、フィドルはミーントーン。
さらに つのださんはヤングで!
えええ~!
そんなんで合っちゃうんですか??!
もう、ビックリです。
しかし もしかしたら それがこのアンサンブルの絶妙な音程感を構成しているのかも?!



'16Julyタブラトゥーラ7.jpg

こんなふうに、写真とりほうだいって嬉しくなっちゃう。



こちらはつのださんの楽器です。

'16Julyタブラトゥーラ8.jpg



プログラムはオリジナル曲の他に中世の曲もありました。
古楽器の音色、そして会場の雰囲気と相まって
古い時代のヨーロッパにトリップしたよう。。

つのださんが「歴史的建造物なので、飛び跳ねて踊るのは控えて下さいね」
と言っていましたが、自然にリズムに反応していまいます~。
ノリの良い曲の後は始めに練習した「ぶらぼー!」が盛大に飛び交います。
でもね、静かな曲は終わりの響きが消えるまで拍手が起きないのです。
もう、ここにいる全員が
彼らの奏でる音楽を愛していて、全てを共有したいのですよ。




'16Julyタブラトゥーラ6.jpg



心と身体にダイレクトに飛び込んで来る音楽。
なんと楽しかったことでしょう!


それは、聴く人を笑顔にし 優しくしてくれる音楽。。















nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0