So-net無料ブログ作成
検索選択

a dream come true!! [歌にたくして]

今年もサントリーホールのオープンハウスが開催されました。
この日はホールが無料開放されて大小のホールでコンサートが聴ける他、
ホールのガイドツアーや大ホールのステージに上がる企画もあります。

大ホールでは鈴木優人さんがオーケストラの指揮とパイプオルガンの演奏を二公演ずつ。
その上、ななナント!
今年は特別企画として
「第九」の演奏もあるのですって!
しかも!

合唱参加者【募集】

うわああ~
これは絶対に参加しなければ!!!!!

参加希望者は当日11時から受け付けです。
一応、少し早めに行ってみよう~。
と、ホール入り口に到着したのが20分前。

え?
この人垣は何?
なんと、ホール前には既に長い列が出来ているのです。
あらビックリ。
最後尾に並びましたが、後から後から来る人で列はどんどん伸びていきます。
風がけっこう冷たい~。早く開場せんか~。
入り口が開いたのは定刻通り。
列がゆっくり中へ進みます。
入った瞬間、
「第九の参加の方はこちらの列です!」
と叫ぶ声が。
きゃー!また列がどんどん伸びているっ!
慌てて並んで一安心。
しかし、この列が一向に進みません。
女声と男声に分かれて並んだのですが、男声の方は進むのに女声はビクとも動きません。
みんな、ちょっとイライラ。
「住所とか名前とか書いているのかしら?」
「本番の説明してるのかも?」
こういう時は女性同士、すぐに仲良くなっておしゃべりw
漸く列が動き、受付。
席番号が書かれたチケットと、歌う人の目印としてピンク色のリボン
そして粗品(サントリーホールのロゴが入ったシール)をもらいました。
こ、これだけのことで時間かかってたって何故!?

わたしは急いでいるのだっ!

だって、今日は合唱の練習日なのよ~。
1月末の本番の後からお休みになった合唱団ですが、3月から新曲の練習が始まりました。
しか~し、超多忙の青木先生は指導に来られませんでした。
それが、この日は先生がいらっしゃるのです。
これは絶対ハズすわけにはいきません。
だって、翌日からBCJは3週間のヨーロッパツアーに出発するんですよ。
今日を逃してなるものかっ!

練習は既に始まっている時刻。
急げーー!
チケットとリボンをしっかり仕舞って
ダッシュ!!

勢い込んで走ったのに、電車が来ないっ(おい
という事態を乗り越えw 練習会場に到着~。

あー歌ってる歌ってる。
何とか1時間は練習に参加出来ました~(汗だく

そしてまたサントリーホールにとんぼ返りです!

今度は少し余裕ですね。
席に着いてホッとひといき=3
受付の時に渡されたピンク色のリボンを首に結んで
スタンバイOK!

ホールを見渡すと、
ステージでは、指揮台に立って写真を撮っている人などで大賑わい。
パイプオルガンの所には解説を聞くグループがいますね。
そして、普段のサントリーホールではありえない
お子様たちの歓声が響き渡っていますw
ファミリーをはじめ、ホントに大勢の人たちが
このオープンハウスを楽しんでいるのです。

時間が来て、ステージにオケの座席が並べられました。

さあ、いよいよ「第九」です!!

あれ?
合唱団の席にベートーヴェンがいます。

'16Apサントリオープンハウス6.jpg

向かって左のベートーヴェンも一緒に歌いました。
まさに自作自演ww


さて、司会者が指揮の優人さんをはじめ
ソリストの四人(サントリーホールのオペラアカデミーの皆さん)、
オケの横浜シンフォニエッタを紹介。
そして、私たち合唱団もソプラノから順に紹介してくれました。
会場から拍手。私たちはそれに応えて手を振ったりしてw

第九といっても四楽章だけなので、曲の冒頭から気合い入れないと!

何しろ、リハーサルなしの「一発勝負」!!
普通はリハの時に音楽の緩急やキメどころを指揮者が伝えてくれるのですが
今回はそれがない!
がんばらないとっ!!

しかし、お子様の声がけっこう聞こえてきます(あわわ
でも、優人さんの集中力のもの凄さがビンビンと伝わってきて
皆も音楽に入り込んでいきます。
バリトンのソロに続いての歌い出し。
ああ、ホールの響きの なんとすばらしいことでしょう!

それぞれのパートをこんなに良く聴きながら歌えたことは
いまだかつて ありません!
さすがサントリーホール!!

私は優人さんの指揮をしっかり見て歌いました。
本当に、暗譜してて良かった!と心底思いました。

ともに一つの音楽を創り上げるというよろこび。
幸せな瞬間を最高のものに!!


'16Apサントリオープンハウス1.jpg



全員が心をひとつにして奏でた音楽。
音楽の神さまからの大きな贈りもの。

会場の喝采をあびて
みんな、みんな 笑顔です。


オケにチェリストの懸田さんが参加されていたのですが
「当日公募の第9合唱団のクォリティに驚愕!!」
とツイートして下さいました(狂喜乱舞)
プロの方に誉めていただけるなんて、本当に嬉しいです!
たしかに、暗譜で歌っていた方が多かったし
経験者の方が「サントリーで歌えるなら」と大勢参加されたのでしょう。
一期一会の、素晴らしい演奏会でした。

私は以前に、優人さんが第九を指揮したという情報を知り
「いいなあ~。私も~」
と思っていたのですw
だから、まさに
a dream come true!!


'16Apサントリオープンハウス4.jpg







第九の興奮もさめやらぬうちに
今度はパイプオルガンのコンサート。

本当に大活躍の優人さん。
オルガン席のすぐそばにカメラが設置され、
大スクリーンに演奏の様子が映し出されました。
普段は足さばきまで見られませんから、貴重な機会ですね。

とかいって、私はこんな席でw

'16Apサントリオープンハウス5.jpg



「バッハの、あの有名な曲を弾きます。
これは私が小学生の頃、給食の時間に誰かが替え歌を
『牛乳がナントカ・・』
という話はお子様の教育上よろしくないので、これくらいにして」

なんていう優人さんのお話に会場はなごみますが
演奏はピカイチ。
なかなか優人さんのように弾ける人っていないですよ~。



ホールの外の並木道は桜が満開。
もう、笑った顔が元に戻らない私は
うきうきと坂道を下りて帰りました♡




































nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0