So-net無料ブログ作成
検索選択

ロザリオの聖母           [絵画への旅]



プラド美術館展
     ~三菱一号館美術館


小さな絵画に
息をころして 近づいて
細部をくまなくながめていると
その中に入り込んでしまう

小さいと思っていた額縁の中は
実はひとつの世界となっていて

それぞれの物語が綴られていることに気付く。。



小部屋が多い、この美術館の特性を生かした展覧会でした。
プラド美術館から小さなサイズの絵画が集められました。
特に有名な作品はないけれど
どれも存在感のあるものばかり。

嬉しいことに、顔を寄せるように鑑賞しても良いのです。
そうやって一つ一つを丁寧に観ていくと
画家たちの溢れる思いが伝わって来ます。

小さな宝石のような愛おしい絵画たち。

ひとまわりしただけでは あきたらず
2周してしまいました!




そんな中で、縦166cmというと
とても大きな絵に感じてしまいます。


ロザリオの聖母(1650~55)
バルトロメオ・エステバン・ムリーリョ(1617~1682)



ロザリオの聖母.jpg


聖母のまなざしに
時が経つのを忘れました。

世の中の俗や喧噪から遠く、
清楚で敬虔なたたずまいの聖母は
そこにいるだけで
心を愛で満たしてくれました。。


































nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。