So-net無料ブログ作成
検索選択

書物がひらくルネサンス       [絵画への旅]


ヴァチカン教皇庁図書館展Ⅱ 
           ~印刷博物館



'15Junヴァチカン図書館展.jpg



聖書だけで何種類あったことでしょう!
年代や言語の違うものが、さまざま展示されています。
ネウマ譜の賛美歌の大型本もありました。

他にも貴重な文献が1冊ずつガラスケースに入れられて展示されています。
ダンテの「神曲」にボッティチェリが挿絵を描いたものまでありあました。

そして、天正少年使節~キリシタンの関係の文献。
もう、充実ぐあいが素晴らしい!!

プロジェクションマッピングは1編の映画のようでした。
立体映像がCGでテンポ良く映し出され、
流れるような画像を見ていると、わくわくしてしまいます!
ローマ市内の遺跡の数々が登場し
やがてヴァチカンに誘われ、図書館の中へ。。
心躍る 小さな旅。

そうそう、1冊の大きな複製の本がありました。
白い手袋をして、学芸員になったつもりでページをめくるのです。
本のページの材質、印刷のぐあい。
複製と言われなければ 本物のように感じてしまいます!





楽しかったのは、自分で作るグリーティングカード。
文字や絵柄を選んで印刷します。

'15Junヴァチカン図書館展2.jpg


この日はコンサートを聴くついでに企画展に寄りました。
しかし、こんなに充実しているとは思いもよらず!


いつもコンサートのために来るホールの下に、こんなにステキな場所があるとは
何故か今まで全く知りませんでした・汗
常設展も面白そうなので、今度はもう少しゆっくり観たいなあ。。

'15JUn 印刷博物館.jpg























nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0