So-net無料ブログ作成

兎も蛙も          [絵画への旅]


鳥獣戯画.jpg




特別展「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」
        ~東京国立博物館  平成館 特別展示室


兎も蛙も、そして猿も
なんと いきいきと 楽しそうに遊んでいることでしょう!

これが平安時代に描かれたなんて思えません。
こんなに達者な絵描きがいたなんて!

動物たちの背景の草木もまた写実的ですばらしいこと。

けれど どれもみな 勢いのある筆で
ささっと描かれています。

ほんとうに、楽しい絵巻物。

しかし、展示は修復されたばかりとのことで
墨の色が妙になまなましいw

見慣れた写真の、ちょっと黄ばんだ和紙の古めかしさは何処へ?

そして、私が行った時は前半部分だけの展示で
後半部分は写真が展示されていました。
展覧会の会期の前半と後半に分けて、展示を替えるのですって。(2回来い、ってこと?w)

それにしても、鳥獣戯画には
甲巻・乙巻・丙巻・丁巻 があり、上の画像が甲巻だというのは初めて知りました!(汗)

他にも展示があったのですが、とにかく甲巻を見るのだけでオソロシク時間がかかりました。

私は開館の1時間前に到着したのですが、既に長蛇の列!
この日は良い天気で、朝から暑いこと。
まずい、日傘を持って来なかった~
と、激しく後悔していたら
「日傘を貸し出しますー」
という声がして、台車がゴロゴロとやってきました。
台車の上に日傘が沢山乗っています!
もちろん、お借りしましたよ。
その上、テントには給水サービスも。
ありがたや~。

列を誘導する係の男性が注意事項を言っていますが
それが漫談のようで面白い。
聞いているうちに開館時間になり、漸く中へ。

そして入場したとたんに
「甲巻はこちらにお並び下さい!」
という声が。
何だか良くわからないけど、並んだ方が良さそうだ!
と判断し、列に加わりました。
ジグザグに並べるように、ポールとロープでコースが出来ています。
ディズ△ーランド状態w

並んでいる間に壁の掲示や動画で修復作業の様子を見ることが出来ます。
ここに及んで、私は漸く
鳥獣戯画の「甲巻」の展示を見るために並んでいることを理解したのでした(遅!

ここでも1時間くら並んだでしょうか。
後ろを見ると、列がどんどん伸びていて
ここで3時間待つこともあるそうです~

やっと、甲巻の展示の前に来ると
「移動しながらご覧下さい!」「立ち止まらないで下さい!」
と、後ろから怒鳴られながら観るわけです(悲

合計2時間並んで、観るのは2分くらい??!

というわけで、もう他の展示を見る余力はありません。
あ、乙丙丁巻は観てきました!
他のは修復していなかったので、味わいがありました。(おい)
でも、甲巻はずば抜けて上手な人が描いたのだなあと改めて感心したのでした。

いったい、どんな人が描いたのでしょう?
興味は尽きません。



鳥獣戯画2.jpg

























nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0