So-net無料ブログ作成
検索選択

Sence of Freedom        [語られる音たち]

小曽根真 ワークショップ
「自分で見つける音楽」Vol.2
            ~よみうり大手町ホール


'14DecOz.jpg

この日は自由席だったので、早くから並んでいる皆さんでディズニーランド状態です。

ホールに入るとピアノがセッティングしてあるので、いつものコンサートのようですが
「間もなく開講いたします・・」
のアナウンスで講義だったー、と気付いたりしてw
でも、何人かは小曽根さんが(いつものように)客席後方の扉から登場するのではないかと
首を後ろにねじ曲げています~。
でも、ちゃんとステージ上手から登場です!
そして1曲 演奏してくれました。

♪思いあふれて:アントニオ・カルロス・ジョビン

イントロが、なんとポリフォニーです。
小曽根さんの左手の旋律が良く歌うこと!
まるで教会のオルガニストの即興演奏のようです~。
それがボサノバになっていく、すてきな流れ。
スタインウェイの軽やかな音が
ひとつぶずつ踊りながら宙を舞っていく。。

お話は
「音楽、特にジャズではリズムが最重要!」
というところから始まりました。

楽器の弾き方が身体に入っていれば、リズムをコントロールすることが出来る。

例えば、前ノリでプッシュして弾くオン・トップと
後ろにのるレイド・バックではカラーが違う。
こんなふうにね、とピアノで弾いてくれるところが凄いよねええ。

続いてハーモニー。
ピアノで伴奏をする時、ソリストがどんな音色を欲しているかキャッチする。
相手のためにスペースを空けてあげることは大事。

ここでスペシャルゲストのパキート・デリベラさんを、小曽根さんが
「そこにいるだけでHappyになる人」
と紹介。

クラリネットとサックスを持って登場したパキートさん、
楽器を望遠鏡のようにして客席を眺めていますw
パキートさんは
「これから正しいモーツァルトを演奏するよ。
これを聴けばモーツァルトがニューオリンズ生まれだってわかるよ」

♪クラリネット協奏曲より第2楽章:モーツァルト

ホントにジャズの香りがいっぱいでした~♪
「これは原作から移調して演奏したよね」
と小曽根さんが言うと
「そうなんだよ、A管は質屋に入れちゃったのさ」
とパキートさんww

パキートさんのお話は、カーメン・マクレイが自分のバンドの事について言ったこと。
「彼らが聴くことを覚えれば、もっと素晴らしいバンドになる」

サイレンス=無音の大切さ。
自分の音を聴くこと、
そしてコミュニケーションをとるためには相手を聴かないと!

アドリブについての質問に答える形で、演奏されたのはクリスマスソング。
自分が欲求した、自分に聴こえた音を弾けば良い。

♪The Christmas Song

参考) Nat King Cole




また、どんなふうに練習しているか、という質問に対して
小曽根さんは常にドラムスを想像して弾いている、との答え。
パキートさんも
「ハープ奏者はパーカッションを習った方が良い!」
ええ?!
小曽根さん「どうもハープの人と何かあったらしい」ww

ドラムスはスティックの扱いが技術的に難しいので、コンガがオススメだそうです。

リズムのセンス。
そして、リズムがあるからこそ自由に演奏するセンスがある。
Sence of Freedom!       


この日 語られた中で、とても印象に残ったのは、
「自分で発見したものは忘れない」
人から教わった事やコピーしたものでは身につかない。


そして、自信を持って弾くためには
「準備は練習しかない!」


♪To Brenda With Love :パキート・デリベラ

ゴキゲンなこの曲のタイトル、ブレンダさんはパキートさんの奥様です。



(アンコール)
♪Black Orpheus:Louiz Bonfa

ライブではないのに、会場の盛大な拍手に応えてくれた小曽根さんとパキートさん。
しっとりとした旋律が柔らかい空気をつくり
聴くことの たいせつさを あらためて教えてくれる。

そして、コーラスを一緒に歌おう!と誘ってくれて
会場の皆で口ずさみました。
小曽根さんのピアノで歌えるなんて!
まさに至福のひととき。。

















































nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。