So-net無料ブログ作成
検索選択

ヴァチカン国際音楽祭2014(その4)   [歌にたくして]

ミサは終わりましたが、もうひとつ演奏会があるので 午後はその練習です。

しかし!
午前中に休養している わけがないじゃないですか!!

じゃ~ん

ヴァチカン半日観光オプショナルツアー!

さあて、いよいよラファエロさまとのご対面です!
と 勝手に決めるなw

ヴァチカンは広いので、限られた時間だと全部を見ることは不可能です。
ですから、ガイドさんが見学箇所を決めるのです。

そ・れ・でっ!

前回は「ラファエロの間」が観られなかったのです(号泣)!

だったら個人で入れば?

そうなんですけど、それでは入場するのにオソロシク時間がかかるのです。

さあて、今回は??


入場してスグにガイドのおっちゃんに自分が持っていた一覧表を見せて
「今回はどこを観るのですか?」
と 聞いてみました。

ガイドさん「ラファエロの間とシスティーナ礼拝堂は行きます」
(心の中で万歳を叫ぶワタシ!)

私「あの、絵画館(ピナコテカ)は?」
ガイドさん「絵画館(指さして)、そこにあるピナコテカは行きません」
(えええっ!そこにはラファエロさまの「キリストの変容」があるのにっ)

ガイドさん「あ、郵便局に行きたい人がいるので、ここで5分!5分後に集合して下さい」

5分!!!!!

もちろん、走りました!

ピナコテカのドアを開けると、これはもしかして出口か??
そんなことかまっちゃいられません!

奥へ奥へ!
いくつ部屋を通り抜けたことでしょう~(滝汗)

最後の突き当たりの部屋に

あっった!!

ほんの僅かの時間でしたが、「キリストの変容」に対面することが出来ました!




時間がないっ

別のルートで戻る時には、何とレオナルド・ダヴィンチ、そしてカラヴァッジョも(感涙~


そして5分後、
何事もなかったように
また団体行動の中に入ったのでした(ぜいぜい)



さあ!
「ラファエロの間」です!

アテネの学堂

アテネの学堂.jpg




この部屋は凄く混雑していましたが、
絵と私には静謐な時間が流れているようでした。。











ヴァチカンは写真撮影はOKですが、やはりシスティーナ礼拝堂だけは撮影禁止ですね。
この扉から入ります。

システィーナ礼拝堂.jpg

しっかり双眼鏡持参。
皆から「気合い入ってるねー」と言われましたw






そして、昨日ミサで歌った サン・ピエトロ大聖堂。

サン・ピエトロ大聖堂.jpg

こうして来てみると、やはり感慨深いものがあります。

この地下には歴代の教皇が眠っています。
そのカタコンベにも行ってみました。。









昨日、一昨日と夜の演奏会に出掛けましたが これはセットのツアーになっているのです。
実はこの日もセットの一つがあったのですが友人に譲り
私はヴィヴァルディを聴きにひとりで出掛けました。

タクシーでポポロ広場まで行き、そこから夜の街を歩きました(どきどき)。

ヴィヴァルディ1.jpg

教会はChiesa All Saints
演奏するのはConcerto Barocco de Roma

ヴァイオリン1,2・ヴィオラ・チェロ・コントラバス・チェンバロが各1名のグループです。
ソリストは若い男性で、全員モダン楽器でした。


ヴィヴァルディ2.jpg


ソリストの真摯な演奏に、聴衆は惜しみない拍手をおくりました。





夜の街は、昼間と違った表情をみせてくれます。


ヴィヴァルディ3.jpg


























nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。