So-net無料ブログ作成
検索選択

コヘレトの言葉            [奏でる幸せ]

                 

何事にも時があり

天の下の出来事には

すべて定められた時がある


  生まれる時、死ぬ時

 植える時、植えたものを抜く時

   殺す時、癒す時

   破壊する時、建てる時

   泣く時、笑う時

   嘆く時、踊る時

   石を放つ時、石を集める時

   抱擁の時、抱擁を遠ざける時

   求める時、失う時

   保つ時、放つ時

   裂く時、縫う時

   黙する時、語る時

   愛する時、憎む時

   戦いの時、平和の時

神はすべてを時宜にかなうように造り

また、永遠を思う心を人に与えられる

それでもなお

神のなさる業を始めから終りまで見極めることは許されていない


わたしは知った

人間にとって最も幸福なのは

喜び楽しんで一生を送ることだ、と



旧約聖書     コヘレトの言葉 / 3章 1~8  3章 11~12



友人が教えてくれた「コヘレトの言葉」。
とても感銘を受けたので記しておきます。










演奏会をしました。

最後に弾いたのは「アヴェ・マリア」です。

バッハが 平均律クラヴィーア曲集 第1巻のプレリュードとしてかいたものに
後年、グノーが美しい旋律をつけました。

バッハはドイツ・ライプティヒにある聖トーマス教会の音楽監督として後半生を送りました。

トーマス教会にはバッハのお墓があり

以前、私が訪れた時も花が手向けられていました。

聖堂に響いたであろうバッハの音楽に思いを馳せながら演奏しました。












































nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 2

glennmie

こんばんは。
素敵な演奏を聴かせていただきありがとうございます。
とてもきれいですね~。

バイオリンの音色がとても美しいですね。
ピアノがぴったり寄り添っていて、なんか同じ波長の双子みたいな演奏に聞こえました。
ステキなパートナーですね♪
by glennmie (2013-04-10 03:45) 

Halumi

glennmieさん♪
お聴きいただいたうえに、過分なお誉めの言葉をありがとうございます!

この日は演奏の前に司会進行をしていたので
弾く事に集中するのに精一杯でした・汗
最後に弾いたこの曲はナントカ形になったかと思いますが、
その前の数曲はかなり予定外の事が起きていました(笑)
私がいつもとっちらかるので、共演者に叱られてばかりですよ。
こういう場で「いつも通り、フツーに弾く」方法があったら教えていただきたいです~。


by Halumi (2013-04-10 09:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0