So-net無料ブログ作成
検索選択
前の8件 | -

メディチ家が愛した音楽        [コンサートの記憶]

「メディチ家が愛した音楽」イタリア・ルネサンスの響き
                   〜近江楽堂

リュート、構成&編曲:高本 一郎
カウンターテナー:青木 洋也
タンバリン:田島 隆

(プログラム)
ロッシーノ・マントヴァーノ:バグパイプの音色のようだ
レオナルド・ダ・ヴィンチ:愛は甘美なものであるが
ヘンリクス・イザーク:インスブルックよさらば
ジャン・ムートン:アヴェ・マリア
作者不詳(15世紀):望みなき運命
グリエルモ・グリエルモ・エブレオ・ダ・ペザーロ:些細なこと
ロレンツォ・デ・メディチ(詩)・高本一郎(曲):麗しき青春
頑固にやりとげるのだ:マルケット・カーラ
ジャコモ・フォリアーノ:愛しい人よ

ジョスカン・デ・プレ:はかりしれぬ悲しさ
           スカメッラは戦いに
作者不詳(16世紀):スパニョレッタ(シチリアーナ)
ヤコブ・アルカデルト:白き優しい白鳥
フィリップ・ヴェルドロ:あなたの美しい顔
ヴィンチェンツォ・ガリレイ:サルタレッロ
エミリオ・デ・カヴァリエーリ:何という新たな奇跡
ジュリオ・カッチーニ:東方の門より




'17Febメディチ家2.JPG






楽しげに 飛び跳ねるリズム!
やわらかく弾む打楽器の音は
踊りの輪にさそう

晴れやかな撥弦楽器と
さわやかな歌の調べ

ようこそ
笑顔あふれる ひとときへ。。





'17Febメディチ家3.JPG



ルネサンスのころ
イタリアはフィレンツェで栄華を誇ったメディチ家。
学問や美術が大輪の花を咲かせる中で
音楽もまた、すばらしい作品が生み出された。
レオナルド・ダ・ビンチが即興演奏の名手であり
ガリレオ・ガリレイの父も音楽家だった。



ゆるやかに 爪弾かれる
リュートのしめやかな音色は
いにしえの時の狭間を思い起こさせる

ゆらめく蝋燭の明かり
かすかな衣擦れ

静かに歌われる優しい旋律は
忘れていた人を思い起こさせる






'17Febメディチ家1.jpg




田島隆さんのパーカッション、本当に凄かった!!
「日本で唯一のタンバリン専門の奏者」と紹介されていますが
1つのタンバリンから叩き出す音が何種類もあって、
それが非常に美しい音色なのです!
タンバリンの皮をシュッとこする音だけでも、ぞくっとするほどステキ。

太く力強く、また軽やかに細やかに
繰り出すリズムは素晴らしいグルーヴ感を生み出し
音楽をドライブさせていくのです。
もちろん、即興演奏ですよ~♬♪


パーカッションに触発されたリュートとカウンターテナー。
3人の気持ちがどんどん高まって
躍動感みなぎる音楽が繰り広げられる。

プロフェッショナルが刺激し合って
新しい境地を開いていく。
夢のような瞬間が
目の前に現れる、快感!



これが踊らずにいられますかっ!
もう、アンコールの時は立ち上がって踊ってしまいましたよ~w




'17Febメディチ家4.JPG








再演熱烈希望!!!

と 心の中で叫んでいたら
思いが通じたみたいです~(やったね!

























Messe in h-moll BWV232       [歌にたくして]

エルヴィオ・ソーヌス 第7回演奏会

バッハ「ミサ曲ロ短調」Messe in h-moll BWV232

2017年2月10日(金)19:00開演
東京オペラシティコンサートホール

指揮・アルト:青木洋也
ソプラノ:金持亜実・村元彩夏
テノール:中嶋克彦
バリトン:加耒徹

管弦楽:オーケストラ・シンポシオン

合唱:エルヴィオ・ソーヌス



2015年の夏。私はJ.S.バッハの「ミサ曲ロ短調」の二つの演奏会を聴いた。
紀尾井ホールでトレヴァー・ピノックの指揮によるもの
      http://pfmazurka.blog.so-net.ne.jp/2015-07-12
そしてサントリーホールでバッハ・コレギウム・ジャパンの演奏
      http://pfmazurka.blog.so-net.ne.jp/2015-08-01

世界遺産に登録もされた、この素晴らしい曲を自分でも歌えたら・・
そんな淡い期待が、その年の終わりに なんと現実になった!!

2017年2月の演奏会に向けて、2016年3月から練習開始。
版は2014年に出版されたCarus(カールス)。
さあ、分析開始!
と意気込んだけれど、難しくて泣きそう。

耳からも覚えなくては。
音源を探したら、ナントうちにあった!(びっくり
ずいぶん前にライプツィヒに行った時、トーマス教会の側にあるショップで購入していたのだ。
ツアーの常で、急いで買い物をしている時に手当たり次第に取ったCD。
たぶんトーマス教会の少年合唱団の写真にひかれたに違いないw
思えば、その瞬間からこれを歌う運命の糸車が回り始めていたのかも。。

やがて、あの感動のBCJ演奏会がTV、ラジオでも放送された。
また、2016年春のBCJヨーロッパツアーはインターネットでも放送され、
さらにBCJは11月にオペラシティで再演。

そして、ラジオの「古楽の楽しみ」で磯山先生がグロリアの特集の中で
ロ短調のCarus版による演奏を紹介して下さるという事まで起きて、
もう「これでもか」というくらいの「ロ短調」漬けの日々となった。。

しかーしっ!!
これだけ聴いても
これだけ楽譜を読み込んでも
ぜーんぜん歌えないっ!!
曲数は多いしっ!
なんなんだ、このメリスマってやつは!

と、叫んでみたところで始まらない。
地道に努力するしかない。

出来ないところに貼った大量の付箋にたじろぎつつ
とにかくシラミツブシに練習だー!

私にとって幸いだったのは、バッハがラテン語でかいてくれたこと。
これがドイツ語だったらアウトだったな。
だからといってラテン語が得意なわけでも何でもないw
青木先生が仰る「テキストの意味を伝える」というのは
まことに至難の業であるよ。

そして秋。
合唱団の合宿の時に青木先生にスコアを見せていただいた。
オーケストラのパートが整然とかかれている総譜。
なんて美しいのだろう!
帰宅して早速、ミニチュアのスコアを購入。
バッハが伝えたかった音楽は、これだ!
ああ、もっと早く手にするべきだった。

やがて、磯山先生が紹介して下さったCarus版による演奏の全編をNaxosで発見!
ドレスデン・パート譜、そしてテンポの解釈は
まさに目からウロコ。
しかし青木先生は、どこまでこの解釈に近づけるのだろう?

このころには、そんな事を考えられる余裕ができてきた。
バッハのピアノの楽譜はとっつきにくく、どこか よそよそしい。
ところが、合唱と管弦楽のための音楽は 
なんと生き生きと、彩りにみちていることだろう!




そうして、年が明けて2017年1月。
演奏会が近いというのに練習お休み。「ロ短調」の「お手本」を聴きに行った。
           http://pfmazurka.blog.so-net.ne.jp/2017-01-22



いよいよ本番前の通しリハーサル。
立ち位置の表を受け取って、びっくり。
なんと、男声の隣!
リハーサル会場はデッドなせいか、男声のおっきな声が直接耳に入ってしまい
自分が何を歌っているのか
まったくわかりませんっっ!!!
これは何かの罰ゲームですか?(泣・泣
そんなリハーサルが2日続いたので、体力消耗。
ぐったり疲れました~。
こんなんで本番できるのか?
あんなに練習したのに。
やっと自信が持てたのに。
暗譜だって、かなり出来たのに。。



リハーサル中に青木先生が仰ったこと。

「みなさんは、声で勝負しようとしてはダメ。
そうではなくて、思いが伝わるように歌いなさい。
伝えようとする思いを持っているのだから!」

どうせ、下手ですよー。
じゃなくてっ!
上手く歌おうと力んでも、それ以上のものは出て来ないのだ。

バッハのかいた曲に感動した 素直な気持ちにかえろう。









ホールでのリハーサルが始まった。

嬉しいことにステージでは自分の声が良く解り、無理なく歌うことが出来るではないか!
しかも、オーケストラの音がとても良くきこえるので、凄い安心感~。
オリジナル楽器が奏でる、バッハが聴いていたであろう音色。
それは、あたたかくて かぎりなく優しい。
心が落ち着きを取り戻す。


しかし、リハから本番は時計が倍速で動いたのかと思うくらい、あっっという間!




'17Febエルヴィオ1.jpg














指揮者はスコアを広げると
いつものように祈りを捧げる

これからはじまる音楽の時間が
大いなる愛によって まもられますように。。

そして彼の呼吸とともに
私たちは歌いだす

指揮者の牽引する音楽とともに
思いをひとつにして声を合わせる

オペラシティコンサートホールの
高い高い空間に舞い上がる残響音に心をときめかせながら。。




ソリストたちの素晴らしい歌声!
オーケストラは完璧だ!

彼らのプロフェッショナルな音楽は
終演後、指揮者に「最高のロ短調ができた」と語らせたほど!



そして、その演奏をともに創り上げることができて
幸せという言葉以外、なにもない。




'17Febエルヴィオ3.jpg









ずっと
背中を見ながら走り続けてきたから。

大きな手のぬくもりを
決して忘れないよ。

それは

次の夢につづく約束。。

























I giorni          [音のしずく]


凍てつく峰をてらす月は

雪と氷を白く輝かせて

神々しく 天空に佇む



あなたは

心を強く持って

ひたすら歩み続ける旅人






けれど

もしも 迷ってしまったら

私は星になって

あなたの行く道を示してあげよう





私は風になって

あなたの歌をとどけてあげよう




世界の果てまで。。








              Daniel Hope - Ludivico Einaudi - I giorni

































Soli Deo Gloria    [コンサートの記憶]

J.S.バッハ:ミサ曲ロ短調
          ~紀尾井ホール


(出演)
指揮・アルト:青木洋也
ソプラノ1:澤江衣里 柏原奈穂 望月万里亜
ソプラノ2:藤崎美苗 村元彩夏 清水梢
アルト:青木洋也 布施奈緒子 高橋ちはる 輿石まりあ
テノール:中嶋克彦 藤井雄介 石川洋人 鏡貴之
バス:加耒 徹 浦野智行 藤井大輔 山本悠尋

管弦楽:フィルハーモニーカンマーアンサンブル
コンサートマスター:石橋エドアルド和彦





'17Jan紀尾井.jpg




なんてバランスのとれた美しい合唱だろう!
ひとつのパートが4名ずつ。
それぞれのパートの声質がぴったり合っていて
細部まで明晰に聴こえてくる。
それはもう、すがすがしいほどに!

驚いたことに
青木洋也さんは指揮をしながら合唱も歌っている。
そして、アルトのソリストでもあるのだ!

青木さんが指揮とソリストを務めることは良くあるけれど
合唱も歌ってしまうとは。。

もうひとつ驚いたのは、オーケストラがモダン楽器だったこと。
(ティンパニとホルンはオリジナル楽器)
古楽器よりも高いモダンのピッチで聴く「ロ短調」。
それは
生き生きと若さに溢れた音楽。
それは、この小編成のオーケストラが
機敏に反応する確かな技術を持っているからでもある。
オルガン・チェンバロが加わった通奏低音の見事なこと!

通常は管弦楽が手前、合唱が奥側に並ぶけれど
この日の配置は逆になっていた。
モダン楽器のカッキリした音が、合唱の向こうから飛んでくるのは
なんとも心地よい。
テキストを大切にする青木さんの、
「歌がメイン」というコンセプトなのかもしれない。



'17Jan紀尾井2.jpg







冒頭のKyrieは十字架の道行きのような重い足どり。
第6曲Gratiasはあっさりとした2拍子、というように
テンポひとつ取っても青木さんのこだわりが感じられた演奏。
それを実現した歌手たちは皆、青木さんの音楽仲間。

演奏者の心がひとつになって創り上げていく瞬間は
遙かな宇宙に思いを馳せる時のように
心がふるえる。

終曲Dona nobis pacem 
こらえていた涙が一気にあふれて。。



そして
指揮・独唱・合唱の全てをやり遂げた青木洋也さんに
感動の喝采!!















Soli Deo Gloria(ただ神にのみ栄光あれ)
ヨハン・ゼバスティアン・バッハは彼の自筆譜に「SDG」とサインした。












nice!(11)  トラックバック(0) 

Winterreise       [コンサートの記憶]

「冬の旅」
       ~成蹊学園本館大講堂

ユリアン・プレガルディエン(テノール)
鈴木優人(フォルテピアノ)



(プログラム)
シューベルト:連作歌曲集「冬の旅」D.911(全曲)
       (詩)ヴィルヘルム・ミュラー

1. おやすみ    Gute Nacht
2. 風見の旗    Die Wetterfahne
3. 凍った涙    Gefrorne Tränen
4. かじかみ    Erstarrung
5. 菩提樹     Der Lindenbaum
6. 溢れる涙 Wasserflut
7. 川の上で   Auf dem Flusse
8. 回想      Rückblick
9. 鬼火      Irrlicht
10. 休息     Rast
11. 春の夢    Frühlingstraum
12. 孤独     Einsamkeit

13. 郵便馬車   Die Post
14. 霜おく頭   Der greise Kopf
15. 烏      Die Krähe
16. 最後の希望  Letzte Hoffnung
17. 村で     Im Dorfe
18. 嵐の朝    Der stürmische Morgen
19. まぼろし   Täuschung
20. 道しるべ   Der Wegweiser
21. 宿屋     Das Wirtshaus
22. 勇気     Mut
23. 幻の太陽   Die Nebensonnen
24. 辻音楽師   Der Leiermann




静かな前奏に促され 歌がはじまる。
なんて やわらかな声だろう。
フォルテピアノの落ち着いた音色と調和して
風情のあるホールに
さざ波のように広がっていく。。


確かな技術に支えられたユリアン・プレガルディエンさんの歌唱。
その素晴らしい表現力で、この歌曲集の全編に流れる
孤独、絶望、そして愛を見事に表現する。

そして鈴木優人さんの弾くフォルテピアノ!
繊細かつ大胆な演奏で、情景をいきいきと描写していく。

ふたりの呼吸が一体となり、シューベルトの世界が創り上げられる。

それを聴くうちに 
生きること、人生の意味に思いを馳せる。
時に心を激しくゆさぶられ
いつしか涙が頬を伝っている。。




'17Jan冬の旅2.jpg





ユリアン・プレガルディエンさんは、
お父上が世界的なテノール歌手のクリストフ・プレガルディエンさん。
優人さんのお父上である鈴木雅明さんも、指揮者・鍵盤奏者として世界で活躍しています。
いわば、二世のサラブレッド同士の共演です。
初共演ですが、すぐに意気投合したという二人。
まさに親密で
しかし決して予定調和ではなく
お互いに反応し合い、音楽が広がっていく。
それは まるで羽ばたく鳥のように自由!

もしかしたら
現代のピアノより少し低めのピッチ、平均律に近いという調律をされた楽器が
シューベルトの魂を呼び寄せたのかもしれない。。













優人さんが弾いたフォルテピアノ。
なんと!レプリカではなく、1820年製のホンモノです~。
シューベルトの時代の楽器の演奏が聴けるなんて、貴重ですね。



                (以下2枚の写真はweb上からお借りしました)
'17Jan冬の旅3.jpg


ペダルは足で踏むものが5つ。
左端のを踏むとハンマーと弦の間にフェルトが挟まり、ホンキートンクな音になります。
優人さんは終曲の「辻音楽師」でこれを使い、
オリエンタルなドローンのような効果を出していらっさいました♬


'17Jan冬の旅4.jpg



弦が鍵盤に対してストレートに張ってあるのはフォルテピアノの特徴です。
(現代のピアノはクロスしている)

この会場は、学校の講堂で大正時代に建てられたものだそうです。
この楽器の音色にピッタリでしたよ。










帰り道は
冬の旅を彷彿とさせる夕暮れ。。


'17Jan冬の旅5.JPG





















nice!(10)  トラックバック(0) 

歌いまくり!        [コンサートの記憶]

超!年越しコンサート2016→2017【今年の年越しは歌って歌って歌いまくり!】
                  ~すみだトリフォニーホール

(出演)
指揮・ピアノ・司会:宮川 彬良
歌:ささき いさお、ダイナマイトしゃかりきサ~カス
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
合唱:栗友会合唱団

(プログラム)
第1部 ~Sing Sing Sing!~
恋のバカンス
上を向いて歩こう
ゆうがたクインテット名曲集
 目はおこってる・ただいま考え中・ちょっと
アメイジング・グレース
Aquarious ~ Let the sunshine in

第2部 ~微笑みは涙をこえる~
いずみたく:見上げてごらん夜の星を
バリー・グレイ:サンダーバード
宮川泰:宇宙戦艦ヤマト テーマ
宮川泰:真赤なスカーフ
宮川彬良:大ディンギル帝国星
宮川彬良:微笑みは涙をこえる
~いよいよカウントダウン!~
深い河
シンフォニックマンボ No.5
若いってすばらしい
マツケンサンバⅡ



今年もアキラさんの「超年越し!」で年を越しました~♬♪♬

「今年はワタシの好きな曲だけっをやります!」
まあ、嬉しい!
アキラさんが好きな曲ならバッチリですね~。

というわけで、本当に楽しいコンサートでした。
何しろ歌手が上手いっ!

ダイナマイトしゃかりきサ~カスは女性2人、男性1人のグループですが
超絶なハモりとリズム感でカッコ良い~!
アカペラのアメージング・グレースで腰が抜けました(拍手喝采!

ささきいさおさんって、歳をとらないのでしょうか?!
昔のままの声のツヤと声量で「ヤマト」を朗々を歌い上げました~。

アキラさんのお話も面白くて
オケも合唱も本当にすばらしくて

今年も、絶対に佳い年になりますね~!!





'17超年越し.jpg



























nice!(7)  トラックバック(0) 

The Wind of England      [コンサートの記憶]


イギリスの風
     ~近江楽堂

(カウンターテナー) 青木洋也・中嶋俊晴
(チェンバロ)山縣万里



(プログラム)
H.パーセル :トランペットの響き    (Duet)
       音楽が愛の糧になるならば (HA)
     音楽が愛の糧になるならば (TN)
       彼女が数多くのそうした日々を見ますように(Duet)
J.ダウランド:流れよ、推奨のように澄んだ涙よ(HA)
P.ロスター:ローラが微笑むとき(HA)
T.カンピオン:どんな風に遭った船も(HA)
J.ダウランド:彼女は私の過ちを許すことができるだろうか(TN)
R.ジョンソン:蜜蜂が密をすうところ(TN)
J.ブロウ:ああ。天よ!私はなにを聞いたのか?(Duet)

H.パーセル :もし愛が甘い情熱ならば(TN)
       よく聞いて!ほら、森の鳥たちが(Duet)
       バラよりかぐわしいもの(HA)
       ひとときの音楽(TN)
       偉大なるお方よ、お受けください(HA)
       神聖なる守護神よ(Duet)
       めでたし、恵み深きグロリアーナ (Duet)

(アンコール)
H.パーセル :トランペットの響き    (Duet)









少年が そのまま大人になったように

けがれのない心と

まっすぐな歌声が

美しい聖堂のようなホールに響く




どこまでも 青い空が見わたせた

冬の 寒い日

午後の光につつまれた空間は

どんなに神々しかったことだろう



やがて 日が落ちて

人々があつまり

音楽が始まった




力強い声

それに重なる優しい声

それを

艶やかなチェンバロがささえる







今年の終わりに

幸せなひとときを

ほんとうに ありがとう










'16Decイギリスの風1.jpg




























(写真はweb上からお借りしました)



nice!(7)  トラックバック(0) 

名曲集           [コンサートの記憶]

ダニエル・ハリトーノフ ピアノ・リサイタル
               ~東京文化会館 大ホール

(プログラム)
第一部:リスト
 パガニーニによる大練習曲 第2番
 パガニーニによる大練習曲 第3番「ラ・カンパネラ」
 愛の夢 第3番
 ハンガリー狂詩曲 第12番
 コンソレーション 第3番
 ハンガリー狂詩曲 第2番
 
第二部:ショパン
 バラード 第1番
 ノクターン 第2番
 幻想即興曲
 「雨だれ」
 「木枯らし」
 「エオリアン・ハープ」 
 「英雄ポロネーズ」

(アンコール)
プロコフィエフ:ソナタ第7番より 第3楽章
さくらさくら




'16Decハリトーノフ.jpg





2015年のチャイコフスキー国際コンクールで3位に入賞したダニエル・ハリトーノフくんですが、
当時、なんと16歳だったという!神童です~。
コンクールのライブ中継を観ていて、とても印象に残ったのは
このお顔だったから!ではなく、でもありますがw
もちろん、彼の音楽性でございます。
人を惹きつける華がある。

さて、コンクールの後の2度目の来日です(私は今回が初めて)。
18歳になったダニエルくん、とっても背が高くて足が長い!
ピアノの椅子を最低に下げてありますが、膝がピアノにくっつきそうです。

そして、ピアノを弾くために生まれて来たんじゃないか というくらい達者にお弾きになる。
超スピードのパッセージも跳躍も涼しい顔。
どんなに強く打鍵しても、持ち前の美しい音は決して割れません!
すばらしいテクニックですねえ。
しかも、表現力も豊か!
弾いている姿が絵になるというのも才能のひとつでしょう(え?w



さて、プログラムが終わり、拍手に応えてのアンコール。
プロコフィエフのソナタが凄かった!!!
深い音、切れ味の良いリズム!
ひゃあ カッコイイ!!
客席は大コーフン!!

いや~すばらしかった。
なんだか本編より印象に残ったではないですか♬
きっとダニエルくんが気に入っている曲なんでしょうね。


この日のプログラムは完全なる名曲集です。
名曲集は集客力ありますものね。現に、大ホールが満員(凄~
でも、名曲よりも本人が弾きたいものを聴きたいなあ。

そういう曲は、音のひとつひとつに魂がこもっているから。。



































前の8件 | -