So-net無料ブログ作成
検索選択
前の8件 | -

Where do we go from here?       [語られる音たち]

小曽根真ワークショップ「自分で見つける音楽」Vol.4
                ~東京文化会館 小ホール


「こんばんは」
少し関西なまりの挨拶が聞こえて、客席の後ろの扉から小曽根さんが登場する。

拍手が波のように広がる。
振り返った笑顔、笑顔。。

もう、これだけで皆の気持ちはあたたかくなる。
これから始まる幸せな時間が約束されたのだから!


小曽根さんはステージに上るとすぐにピアノにむかう。

ひとつ、鳴らされた和音
それを上へ下へとうつしていく
響きがバルトークに似ているね
それがいつのまにか3拍子になる
羽が生えたように軽やかなジャズワルツ
音の1つ1つが本当に綺麗!
そして
どこまでも自由で生き生きとしていて。。

♪ フェアリー・ダンス(小曽根真)



そして音楽についてのお話の始まりです。
毎週のラジオ番組が終わってしまってから、小曽根さんのお話を聞く機会が減ってしまったので
時間をたくさん延長してお話をしてくれて本当に嬉しかったなあ。


小曽根さんが弾くピアノの残響音を聴き、
リハモナイズに感動し、
クラップしながら拍の変化を目の当たりにするうちに
もう何でも出来る気になってしまう!
演奏だけじゃなく、なにもかも[ムード]
まさに小曽根マジック☆


そうそう、小曽根さんがピアノを始めるきっかけになった曲も演奏してくれました。

♪ クバノ・チャント(レイ・ブライアント)

これは小曽根さんがオスカー・ピーターソンの演奏で聴き、とても感動したものだそうです。

そうして、私がこの日一番心に残ったお話は

「アート(音楽や絵画など)にふれることによって
 自分が生きている実感を持てること。
 自分の中にある感覚をもういちど思い出させてくれるのが
 本物のアート」



質問をつのると、たくさんの手が挙がります。
それに丁寧に答える小曽根さん。
その上、もうすぐ本番をむかえるバルトークの協奏曲がいかに大変かも語ってしまうw
あ、それで(いまさらですが)
最初の曲のイントロがベーラだったのね。(←バルトークの名前デス
あの方のポリフォニーなところ、ハマるとステキにきこえてくるタイプですね?





そして語られたピアノの響きのこと。

弾く前に どんな音を出したいか イメージすることの 大切さ。
残響音を聴きつづけることの大切さ。

そうやって音に対して愛情を持っているから
小曽根さんのピアノはステキに鳴るのだ。。


♪ Where do we go from here?(小曽根真)


私の心にダイレクトに飛び込んで来る音楽
とめどなく涙があふれる。。



混迷を極める世界の中で
自分は どう生きるのか?
内面に問いかけつつも
希望を捨てずに
しっかりと明日を見つめていこうという
力強いメッセージ


教会終止で終わる最後の響きを
満場のホールの全ての人が
しいん。。として
聴き続けた

柔らかくうねる倍音が
空気に溶けてしまい

小曽根さんが
ほおっと息をはくまで

静まりかえったホールが
幸せな気持ちでいっぱいに満たされたのです。


そして
喝采!





'16SptOZ.jpg








































Acoustic Solo       [コンサートの記憶]

NAOTO Acoustic Solo Concert
          ~第一生命ホール



ヴァイオリン:NAOTO  宮本笑里
ピアノ:榊原 大




(プログラム)
Etude for Children No.2 "Peace"/NAOTO
無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ/J.S.バッハ

オリジナル曲メドレー/NAOTO
風笛/宮本文昭
Birth/宮本笑里
協奏曲第8番イ短調Op.3 調和の霊感/ヴィヴァルディ

(アンコール)
Sanctuary/NAORO
HIRUKAZE/NAOTO






驚いたことに、ステージにピアノがありません!

これは凄い!

無伴奏なんだ!!









白いシャツ姿のNAOTOさんが
たった一人でステージに登場する。

満場の客席を見渡し、天を仰ぐ。

1曲目はオリジナル。
祈り、生命へのいつくしみにあふれた曲が丁寧に奏される。



そして、もう1曲はバッハ。

組曲であるパルティータの3曲目、ガヴォットから
楽器がとても良く鳴りだす。
NAOTOさんの明るい音色が、長調の組曲に似合っている。
素直で真摯で、奇をてらうことのない音楽。

そして、終曲のジーグ!
なんてカッコイイんだろう。
そのまま踊り出したくなるよ。
グルーヴするバッハ、大好き!




NAOTOさんのナマ音を、とても楽しみにしていましたが
こんなに「超本気」の演奏会だなんて、本当にびっくりです~。
だいたい、バッハのパルティータなんて
普段からクラシックを弾いていて、しかも腕に自信がないとプログラムに載せない曲です。

NAOTOさんは「こんな緊張は大学の試験以来」と言ってましたが
でもそれは、良い意味での緊張感。
それがあるからこそ、すばらしい演奏が生み出されるのだと思います。

けれど、普段は楽器にマイクを付けて弾く事が多いと
その弾き方に慣れてしまいますから
ナマ音をホールに響かせる奏法がとても難しくなると思います。

相当な鍛錬を積まないと本番に臨めないのに
あえて、その難しい道を選んだNAOTOさん。
自分の原点に戻る、という強い気持ちに心を打たれます。。



'16Spt NAOTO2.jpg

                      (写真はweb上からお借りしました)








休憩中にピアノがステージに設置されましたが
またもやNAOTOさんの独奏です!
(黒っぽいジャケットにネクタイでビシッと♡)



今度はオリジナル曲。
とはいえ、普段はバンドでやっている曲を一人で弾こうというのですから大変!
でもね、まるでドラムスがいるみたいにタイトに弾けるってホントすごいね~。

どうしても手が足りない(?)ところは、会場のファンの方が歌って参加w
さすが筋金入りのファンの皆さん。
NAOTOさん「これをやれるようになるのに10年かかった」と感慨深げ。
そう、去年デビュー10周年を迎えたので
この演奏会で、また新たな一歩を踏み出したわけですね。

それにしても、この演奏会に向けての準備にはたくさんの時間が必要だったことでしょう。
超売れっ子で忙しいのに、本当にすごいなあ。


さて、宮本さんが登場してデュオを2曲。
いつもはオーケストラと弾いている曲ですが、2つのヴァイオリン用にNAOTOさんがアレンジ。
ポリフォニックで本当にステキ。
NAOTOさんの編曲の才能、すばらし(拍手)!


そしてヴィヴァルディです~♬
この曲は独奏楽器と小編成のオケのためにかかれた曲集の中の1曲。
ですから、ピアノはオケパートを弾くのです。
バロックの様式をふまえた演奏に思わず背すじがのびる思い。
第2楽章のNAOTOさんの安定感!
とてもロックをやっている人とは思えません(←ほめてます
しかも音程のとり方が絶品!

私は榊原さんのピアノを初めて聴きましたが
とても和声感のある綺麗な音で、感動しました。
ご本人は「クラシックを弾くのは凄い緊張感!」と言ってましたが。

たしかに、アンコールのNAOTOさんの曲は
とてもリラックスして自由に弾いていらっさいましたね。





'16Sep NAOTO.jpg





最後の曲を弾く前に
「ああ、終わってしまう・・」
とつぶやいたNAOTOさん。
この演奏会にかけた意気込みと時間の重さに思いを馳せたのでしょうか。

その思いは
私たちにしっかりと届き、
幸せで濃密な時間として
いつまでも心に残ることでしょう。。











































虹の彼方へ           [音のしずく]


それが夢ではない証拠が

ほら

私の手の中にある!

ずっと待っていた便り

未来への希望。。






自分の信じた道を語る

あなたの真剣な横顔

そして

柔らかく微笑んで目を見交わす

幸せな瞬間








さあ

私の手を離さないで!

虹をこえて

彼方の国まで。。










































はなうた            [カーテン・コールの後に]


「きちんと立ってまっすぐ歩きたいと思っている」
                ~ムジカーザ


振り付け・出演:黒田育世
ピアノ・音楽:鈴木優人
出演:関なみこ
原曲:松本じろ





そこは浜辺なのだろうか。。

ふたりのダンサーが踊るのは
海風が持ち去ろうとする追憶?
あるいは
ひび割れた愛のかけら?


鼻歌が聞こえる

それは
まぎれもない日常
ただ普通に生きている
おそらく 人のいとなみは
いつの世も変わらない



だから
鼻歌が止んで 無音になると
ダンスが緊張感をおびる

過去と向き合おうと
自分を突き詰めていくと
ヒリヒリとした緊張が
極限に達する!

とても直視できない
狂気・・・







そこへ
ピアノが奏される

まるで救いのように




息も絶え絶えだった水槽に
酸素が送り込まれ
ほお~っと
深い深い 息をつく



世界は色彩を取り戻し

ダンサーたちは
文字通り水を得た魚のように
しなやかに踊るのだった。。。





'16Augダンス優人1.jpg









優人さんがコンテンポラリー・ダンスの公演で音楽をされるというので行って来ました。
(↑ダンスは不得意分野なのでツッコミ不可と言っている)


しかし、グランドピアノは設置してあるものの
ずーーっと演奏がありません!
最初に床に置かれた照明のワイヤーをたぐり寄せるというパフォーマンス(?)をしただけで
後はずーっとピアノの下で体育座りをしていらっさいました~。

その間、ダンサーふたりは時折流れる録音された歌で踊っています。
黒田さんはプロのダンサーですが、もうひとりは未経験の10歳の少女。
ところが、その子が黒田さんに引けを取らないくらいのダンスをするのでビックリです。

さて、録音の歌というのは松本じろさんの鼻歌。
生活音も一緒に録れているくらい、てきとーに歌っているようなのですがw
それをダンス音楽として捉えているというのは凄いですね。

さらにっ!
その鼻歌を美しいピアノ曲にしてしまった優人さん、
やはり天才です~♬

実は鼻歌が止んで、全くの無音状態でダンスは続きました。
息苦しい緊張感。
会場全体が硬直してしまいました。

そこへ 本当に美しい音色でピアノが奏され
息を吹き返したのです!

メロディーに豊かなハーモニーがつくと
心が洗われるようです。
音数が少なくても、選び抜かれた音たちが奏でる音楽のすばらしさ!
短い曲ばかりですが、
しっとりと、あるいはリズミカルにと紡ぎ出されると
空間に色彩が戻ってきたかのよう。。



そうそう、ちょっとだけ優人さんのナマ鼻歌がきけたんですよ~。
また活躍の場が広がりましたね~(え?




'16Augダンス優人2.jpg



鼻歌に優人さんの創作が加わり、
さらに即興で弾かれたところもあったという珠玉の作品たち。。

なんてステキだったことでしょう。
(弾いてみたいなあ。。)

優人さ~ん、ピアノの小品集を創って下さ~い *\(^o^)/*



































Terror         [カーテン・コールの後に]


「裁判劇 Terror」
       ~日経ホール 

朗読:橋爪功
ピアノ:小曽根真

演出:深作健太


「テロ」 原作:フェルディナント・フォン・シーラッハ  
     翻訳:酒寄進一


'16AugTerror2.jpg



「起立!」

同時にピアノで和音が鳴らされ、本当に起立しそうになる。


私たちは法廷にいて、深刻な裁判に対峙することになった。
一人芝居の劇場の客席にいたはずなのに
被告人の「有罪」か「無罪」かを投票する、重要な役割を担ってしまった。。



裁判長、検事、弁護士、証人、そして被告を演じ分ける橋爪功さん。
その迫真の演技は、もはや演技とは思えないほど!
私たちは固唾をのんで、その言動を見守ります。
人の運命を左右することになるのですから
ひとつの言葉も聞き逃すわけにはいきません。



'16AugTerror3.jpg



あまりに重い内容、そして橋爪さんの言葉を必死に受け止めようとするあまり
なんと!
ピアノの存在を忘れている瞬間が何度もあったのです。

どれほど音楽がお芝居に溶け込んでいたことか。

個性を主張するのではなく、
ひとつの作品が朗読とピアノによって創り上げられていた。
だから
舞台の照明が変化しなくても
私たちは音楽によって背景が変わり、風がふき
空の色が刻々と変化していくのを感じる事ができたのです。




裁判は休廷になり、私たちは投票しました。




そして後半の冒頭に弾かれたピアノ・ソロ。

これまでの裁判の様子が走馬燈のように描き出される。
まるで 朗読された言葉たちが
もう一度、私たちに語りかけるかのように!







有罪か無罪かで、結末は2通り用意されていたそうです。

いずれにしても
命の重さ、そして憲法というものについて
深く考えさせられた裁判劇でした。






'16AugTerror1.jpg
                (web上からお借りした写真。以前の公演のものと思われます)








お芝居の後、橋爪さん、小曽根さん、そして翻訳者の酒寄進一さんによる
アフタートークがありました。


いくつかのエピソードが語られましたが、中でも驚いたのは
小曽根さんは全て即興演奏だったのだそうです。

譜面台に置いたのは、この劇の「台本」。
橋爪さんの声のニュアンス、そして呼吸に合わせ、
即興でピアノを弾いていたのです。

だから、公演ごとに音楽が全く変わってしまう!
ええ~ 
そんなこと聞いたら、また観たくなってしまいます~!



小曽根さんのピアノは
もうひとりの役者だったのですね。
相の手を入れたり、うなづいたり、
流れに勢いをつけたり、ブレーキをかけたり。。
すごいなあ。
新しい小曽根ワールドの誕生、ですね!



























Pie Jesu     [音のしずく]


あなたの思いが届く日!




・・たとえ茨の道であろうとも

決意を覆さずに歩み続け

こうして

ここまでたどり着いたのだから


・・たとえ全てが思い通りでなくても

こうして

歌を届けることができたのだから











さあ、天上からの音楽を聴かせて!




あなたには

恋の歌は似合わないよ。。







ガブリエル・フォーレ「レクイエム」より



Pie Jesu











































rhetorica            [語られる音たち]

音楽修辞学入門
        ~Space415

斉藤基史さん(音楽学)の講座に伺いました。

'16Aug古楽カフェ2.jpg


(自分用メモ)

・レトリック(修辞学)は古代ギリシャ・ローマ時代に身に付ける教養の一つだった。

・それは5つの要素(発想・配列・措辞・記憶・口演)から成る。

・ヨーロッパでは中世から18世紀にかけて学ばれていたが、19世紀に衰退。
 第2次世界大戦後に欧米で見直す動き。日本は1970年代以降に研究されるようになった。

・20世紀になってから17、18世紀の主にドイツ・バロック音楽における
 音楽と修辞学の結びつきが再発見される。

・アフェクト=合理化(パターン化)された心の状態
 正しく抑揚をつけてテキストを表現する→言葉と音楽にバランスの取れた均衡が生み出される

・音楽フィグーラ 自然や感情を表現する方法としての修辞学
 ex:Miserere「憐れんで下さい」でよく使われるフィグーラ
        言葉を縦に揃える、変化音(#♭)、同一音の反復、下行4度音型



・・というようなお話でしたが
丁寧に作成された資料に加え、音源もいくつか流して下さるという充実した講座でした。
入門編ということで、初心者にも解りやすいお話ぶり。
心配していたアウェイ感もなくてw良かったです~。




'16Aug古楽カフェ3.jpg





ところで、これは3日間にわたって催された「古楽かふぇ」の中の講座でした。
いくつか設定された講座やコンサートの時間以外は
古楽の好きな人たちが集って語り合いましょうというものです。


遠藤さんという、ルネサンスの料理を研究している方のお菓子と飲み物をいただきました。

'16Aug古楽カフェ1.jpg


フィナンシェとスバイス入りの飲み物、絶品でした!
飲み物は、アップルジュースに
ジンジャー、シナモンスティック、ミント等を入れ、煮立ててから冷やすそうです。


古楽のCDが大特価で販売されていたので、たくさん購入しました。
家に帰ってからも、お楽しみは続行中です~♬


















































TABLATURA            [コンサートの記憶]

リクエストだよ タブラトゥーラ!
            ~求道会館

古楽器バンド《タブラトゥーラ》

 つのだたかし[ラウタ/ウード]
 田崎 瑞博[フィドル]
 江崎 浩司[リコーダー/ショーム]
 近藤 郁夫[パーカッション/ハンマーダルシマー]
 山崎 まさし[ビウエラ]


(セットリスト)
新しい自転車:つのだたかし
チルドレン・チルドレン:早坂沙知
青海亀の夢:つのだたかし
バラータ トロッポ・フェーデ:作者不詳 14c.イタリア
レディ・ケアリー:作者不詳 16.イギリス
パルマス:田崎端博
水車(みずぐるま):近藤郁夫
2つのサルタレロ:作者不詳 14c.イタリア
ラグルタグル:作者不詳 16c.イギリス
悲しみはつのりて:作者不詳 13c.フランス


シャンソネッタ・テデスカ:作者不詳 14c. イタリア
 ワルプルギスの夜:石森愛彦
 でんでれでん:石森愛彦
 満月の夜:つのだたかし
 狐の嫁入り:つのだたかし
 あれもだめ、これもだめ、私の人生すべてだめ:田崎端博

夜来る人:つのだたかし
ごわごわ:田崎端博
トロキルス:江崎浩司
レセルカーダ:D.オルティス 16c.スペイン




にぎやかな曲がスタートし、客席は一気に沸き立つ。
踊り出したくなるような楽しいリズム。
ちょっとゆるめのメロディーが何とも心地よい。

さあ、古楽器バンド・タブラトゥーラのはじまりはじまり~♬


会場は こんなところ。

'16Julyタブラトゥーラ1.jpg


なんと、お寺です!
お堂の中に仏様が鎮座していらっしゃいます。

その前に置かれている楽器の数々。
これは古楽器。ルネサンスの楽器たちですねえ。

そして、それを操るのは作務衣のような服を着た
あやしげな5人のおじさんたちw

リーダーの(本人は「司会」と言ってましたが)つのだたかしさんが
「ブラボーの練習から!」
と、音頭を取って会場全員で
「ぶらぼーー!!」
いやあ、最初からハイテンション♬

この日は あらかじめ募集したリクエストでプログラムが構成されましたが
メンバーの中からもリクエストがありw(つまり「弾きたい曲」というわけですね)、
新旧取り混ぜての演奏になりました。
それというのも、このバンドは結成されたのが30年以上前なのです。
メンバーの交替はあったようですが、つのださんは ずっと変わらず。

しかしっ 
リュートで静か~に歌の伴奏をしているつのださんとのギャップがすごい。
元気はつらつで、とても70歳とは思えません。
お話も楽しく、リクエストをくれた人の名前を呼んで紹介したり。
何年も通っているファンの方の多さに驚かされます。
そして皆さん、すっごいリズム感が良いのです~。
一緒に手拍子をするところなんかバッチリ決まってしまうんですよ。
気持ちいい~!


あ、もちろんメンバーの演奏技術がハンパないことを忘れちゃいけません!
もう、目の前で繰り広げられていることが信じられないくらい
上手すぎるっっ!!!

フィドル(といっても中世仕様の)を弾く田崎さんは
小ぶりのガンバのような楽器も演奏。
この方、どこかで・・?と思っていたら
クラシックの弦楽四重奏団でチェロを弾いている方なんですね。
それなのに(と言ったら失礼か?)
こーんなに自由に弾けてしまうって、凄い才能!




'16Julyタブラトゥーラ2.jpg




こちらは江崎さんのリコーダーたちです。

'16Julyタブラトゥーラ3.jpg

曲によって持ち替えながら、カッコ良く吹いていらっしゃいますが
おそらく殆ど即興なのでしょうねえ。すごいなあ。





そして、このきれいなタイコ!

'16Julyタブラトゥーラ5.jpg


これをたたくのは近藤さんですが、これ以外にも大きなタイコや鈴
そしてハンマーダルシマーも演奏されます。




'16Julyタブラトゥーラ4.jpg

カメラ目線をありがとうございます♡

休憩時間に調律をされていたのに、お客さんの質問ぜめにあっております(汗
ついでに私も!と、調律のことについてお聞きしてしまいました。

意外なことに、ハンマーダルシマー(ピアノの先祖の楽器)は
平均律で調律しているのだそうです。
なのに、フィドルはミーントーン。
さらに つのださんはヤングで!
えええ~!
そんなんで合っちゃうんですか??!
もう、ビックリです。
しかし もしかしたら それがこのアンサンブルの絶妙な音程感を構成しているのかも?!



'16Julyタブラトゥーラ7.jpg

こんなふうに、写真とりほうだいって嬉しくなっちゃう。



こちらはつのださんの楽器です。

'16Julyタブラトゥーラ8.jpg



プログラムはオリジナル曲の他に中世の曲もありました。
古楽器の音色、そして会場の雰囲気と相まって
古い時代のヨーロッパにトリップしたよう。。

つのださんが「歴史的建造物なので、飛び跳ねて踊るのは控えて下さいね」
と言っていましたが、自然にリズムに反応していまいます~。
ノリの良い曲の後は始めに練習した「ぶらぼー!」が盛大に飛び交います。
でもね、静かな曲は終わりの響きが消えるまで拍手が起きないのです。
もう、ここにいる全員が
彼らの奏でる音楽を愛していて、全てを共有したいのですよ。




'16Julyタブラトゥーラ6.jpg



心と身体にダイレクトに飛び込んで来る音楽。
なんと楽しかったことでしょう!


それは、聴く人を笑顔にし 優しくしてくれる音楽。。















前の8件 | -